サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


オーナーチェンジについて | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
賃貸中の物件(オーナーチェンジ)を買うメリット

賃貸中の物件(オーナーチェンジ)を買うメリットに、ついてあれこれ

 

 


不動産を購入するには、諸経費が7%位かかりますが、


賃貸中の不動産を買えば、実際にはそれほどの、


諸経費の資金を、投入しなくてもいいのです。


 


というのは、仲介手数料は通常、


不動産の税抜き売買価格に対して、

 

3%+ 6万円 + 消費税になります。

 

 

 

登記費用は、売主から引き継ぐ敷金を充当すればOKです。

 

 

 

固定資産税清算金は、売主からもらう日割り賃料から当てます。

 


不動産取得税の支払いは、数カ月後なので、


それまで家賃からの、キャッシュフローを、


貯めておけば払えます。
 


火災保険料は、分割の年払いや月払いですので、

 

これも家賃収入から払えます。
 


なので、賃貸中の物件を買えば、

 

初期費用はほとんどかからず、


仲介手数料の支払いのみで、

 

収益不動産が買えるわけです。

 

 

 

一棟ものでも、積算評価の高い物件なら、

 

フルローンを使えますので、


そういう意味では、物件選択さえ間違えなければ、

 

自己資金は、ほとんど使わなくて買えます。


 


一棟ものでなくて、区分所有のマンションであっても、

ファミリータイプのマンションは、空室物件よりも、

賃貸中物件の方が、安く買えます。

 


これは実需であるお客さんは、自分が住む家を探していますので、


賃貸中のマンションは、買わない人が多いためです。

 


いわゆる、賃貸中のマンションを購入する人は、


ほとんど投資家になるわけです。

 

 

なので賃貸中の物件の方が、安く買えるわけです。

 


賃貸中なので初期費用は、ほとんどかからなくて買えます。

 

こういう実需のマンションを、購入しても、


売るときは、逆に空室になった時にうれば、

 

売りやすくなります。

 

 

 

一棟ものについてですが、

 

1億円の物件で、表面利回り10%の物件だと、


年間1000万円の家賃収入が入ってきます。



 

賃貸中の物件なので早期に仲介手数料などの、


投入資金は回収できます。


 

物件選択さえ、間違えなければ、

 

家賃収入が入ってきて、そこから借入金の返済ができるので、

 

フルローンで購入しても、十分キャッシュフローが回りますね。






 

関連記事

入居者のいる古いアパートならリスクが少ない

 

中古マンションの投資スタイル

 

セール&リースバックという投資

 

オーナーチェンジ物件 敷金持ち回りはこちら

 

オーナーチェンジ、区分ワンルームマンションの失敗しない買い方

 

投資用中古区分マンション融資

 

ワンルームマンションの担保評価

 

賃貸中の物件を買うメリット

 

オーナーチェンジで 家賃はあげられるか

 

オーナーチェンジマンション銀行融資

 

オーナーチェンジ物件購入と注意点

 

オーナーチェンジ物件購入、現入居者との契約は

 

オーナーチェンジ物件と 敷金、礼金とゼロセロ物件



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX