サラリーマン大家さんで豊になろう


再建築不可物件、借地権 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM
再建築不可物件の銀行融資

未登記物件の銀行融資
再建築不可物件の銀行融資
投資用マンション既存不適格物件 再建築不可
既存不適格物件について
再建築不可物件投資
市街化調整区域と、市街化区域
再建築不可物件の購入と、出口戦略
借地権付きマンション購入
定期借地権付きマンションの問題点
定期借地権の活用
リタイアするのに欲しいのは、キャッシュフローを生んでくれる物件

区分マンションよりも再建築不可物件で不動産投資する方が儲かる
マンションの既存不適格物件
市街化調整区域内の不動産投資と銀行融資
既存不適格物件について


再建築不可物件の銀行融資について

 

再建築不可物件は 借地権付き物件の土地と 

 

 

 

同じように担保設定が出来ないので銀行融資は付きません。

 

 


再建築不可物件は市街化調整区域の土地や 接道義務に違反している


土地建物などや既存不適格物件になってきます。

 

 

又 容積率オーバーや建蔽率オーバーの違法建築も、

 

銀行融資は付きにくいです。

 


 

容積率オーバーや建蔽率オーバーの違法建築は、

 

やってはいけないことをやって収益力を高めていますので、

 

利回りは高くなるのですが、



融資不可になることが多いですね。

 


 

オリックス信託銀行でも容積率オーバー10%を超えると 

 

融資不適格物件とみなして融資はしませんね。





関西の特に大阪近辺には、

 

違法建築が多いので注意する必要があります。

 


再建築不可物件でも条件付き可能のところもあります。

 

 

防火地域であるために 鉄筋コンクリート住宅であるとか 

 

集合住宅は不可でも一般住宅なら可能とか、

 

セットバックが必要であるとか、

 

2階建てであるとかの条件が付く時がありますが 

 

この場合、条件をクリアーすれば融資が下りる可能性はあります。

 

 

それでも、どうしても融資を受けたいときは、

 

他の不動産を担保提供することで、

 

融資が可能になることもあります。

 


スポンサーリンク





私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)


不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク




AX