サラリーマン大家さんで豊になろう


中古住宅で儲けるには | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM
古家を買おうと思ったら、注意する点

古家を買おうと思ったら、注意する点について詳しく





古家を買う場合、投資として人に貸すために買う場合と、



自分が住むために買う場合のどちらかになるわけですが、


古家を買う場合、まず、物件を見に行くことになるのですが、

 


売主居住中の物件の場合、物件を売る人は、高く売るために掃除や、

 

 

整理整頓して、内部をキレイにしていることが多いものです。

 

 


そこで、古家を買おうと思ったら、

 

いろいろチェックをするわけですが、

賃貸に出す場合は、リフォームは欠かせません。




自分が住むために買う場合は、一生に1回の高い買い物ですから、

 

あえて内部の状態の、細々としたところに目が行きがちですが、

 

そんなところは購入してからリフォームすることでいくらでも、

 

改良できます。

 

 

従ってあまりこだわりを持たない方がいいと思います。


 

その代わり建物の周りのスペースを見たり、

 

日当たりに注意します。

 

 


敷地に空きスペースがあるなら、

 

有効利用できないかを考えます。

 

 


外から見て、屋根や壁が相当傷んでいるケーは、

 

選択肢から外します。




外が傷んでいると、中は雨漏りで柱や基礎が、

 

 

腐っていることが想定されます。

 

 


傾いているのが分かるような建物も外します。


 

しかし逆に傾いていることで大幅な値引きを導き出せるため、

 

 

リノベーションを視野に入れた購入も考えられます。

 

 


もっとも、リノベーションは、基礎や柱などの、躯体を残しますので、


他が傷んでいても躯体だけは、しっかりしている必要があります。

 


基礎や主要な柱がシロアリにやられていたり、

 

腐っていたりすると立て直さなければなりません。

 


床が傾いていたり、柱が傷んでいても、

一部の基礎や柱を、替えるだけで済むことがあるため、

 

そんな場合は問題ありません。

 


設備は配管を取り換えたり、露出配管にして別のところから、

 

這わせたりした方が、建物を長持ちさせることにつながります。 


 

そこで 古家を買おうと思ったら、チェック項目として次のような


注意点を挙げておきます。



 
1、屋根の葺き替えは最近しているか、いつ頃しているかを確認すること



2、以前に、雨漏りした事はあるかどうか



3、増築はどの部分か、何回しているか



4、白蟻の被害はどうか? 白蟻駆除の履歴は



5、トイレは汲み取りでないか、汲み取りであっても近くまで、

 

  下水道管が埋設されていれば問題ありません。

 

 

  下水道管がなければ見送る。

 

汲み取り式から水洗トイレに換える費用について


これらの点を注意して見て判断をしましょう。

 


中には、買った値段の数倍も、工事費がかかる物件もありますので、


安さだけに惑わされずに、総合的に判断しましょう。


 
特に屋根が傷んでいて雨漏りがある場合は、

 

かなり費用がかかります。

 


屋根瓦はどんな状態か、天井にシミはないか、

 

柱はなんとなく垂直か、建具の閉まり具合は、

 

外壁・基礎に致命的なクラックが入ってないか、

 

樋の流れは正常か、上から水を流して調べるたり、



できれば雨の日に確認しておくことだと思います。


 
床の傾きはどうか、ボールなどの球形の物を置いてみる。



 
水道は勢いよく流れるか(排水も同様)


換気口はないか、あれば


床下は濡れていないか、湿っていないか、


注意深く観察します。

 

 

これは大事です。



 
湿っていれば、腐っていないか、シロアリはいないかわかるはずです。



投資効率を考えてみた場合、お金を掛けた方が有利な部分に


集中的にお金をかけるべきですね。


 

省けるところは、手をかけないということになります。




投資として購入する場合は、以上の点を踏まえて、


次のような点を考慮する必要があります。





賃貸として貸せるエリアであるか、

 

賃貸に出す場合の想定賃料、



リフォーム費用はいくらくらい必要か、

 

売主はどんな人か、売り出し理由は



投資として購入する場合、

 

古家の場合は、購入諸経費やリフォーム代まで、

 

すべて含めた実質利回りで判断する必要があります。



 

 

 





関連記事
汲み取り式から水洗トイレに換える費用について

一戸建て購入

初心者が陥りやすい不動産購入のワナ

買ってはいけないボロ物件

古家の賃貸

自宅を安く入手するには

古くなった一戸建て住宅を建て替えるか リフォームですませるか

自宅である古いマンションは売った方が得か 貸した方が得か

自宅建て替えか 買い替えか売却か

不動産投資 どんな物件にもいいところはある あえて長期売れ残りの物件を買って来る

リフォームの業者選び

中古住宅で儲けるためには

リフォームの失敗

築年数の経った古家のリフォーム費用

築年数が経った古家を、リフォームするメリット

中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム

水周りのリフォーム

古家を買おうと思ったら、注意する点

古家の解体費用

リフォーム費用は根抵当で対応する

 

賃貸経営のシロアリ対策〜アパートの白蟻工事確定申告(雑損控除)

 


 


スポンサーリンク





私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)


不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク




AX