サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


物件購入後リフォームから入居者募集 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物件購入後リフォームから入居者募集

物件購入後リフォームから入居者募集ついて詳しく

 

 


前回は、一戸建ての初期投資として、


300〜400万円ぐらいの物件を買って、


200万円ぐらいでリフォームして、


6〜7万円ぐらいで、


貸せるようにしようという話をしましたが、

 


今日はリフォームしてから入居者募集についてです。

 

 

はじめに費用をかけなければ、


あとで入居者さんから苦情が来たりするので、


余計に費用がかかったり、


手間もかかるのです。

 

 

これから賃貸経営を始める場合、

 

わからないことが多いと思いますが、

 

一件の家でリフォーム代込みで不動産取得費用も入れて、

 

家の購入は300万円から400万円を自己資金でまかない、


あとのリフォーム費用はローンを利用することもできます。

 

 

一件の家で600万円から700万円かけて、


6〜7万円で貸せば純利回り12〜13%になってきます。
 


リフォームが終わる1週間位前に近くの賃貸専門の、


不動産屋さん2件以上に声を かけて、


査定をしてもらい募集をかけよう。

 

 

そうすればリフォームが終わると同時に

 

お客さんに見てもらえるようになります。

 

 

なおリフォームには、お金をかけてきちっとしましょう。

 

 

最初にお金をかけてリフォームをしておけば、


クレームも少なく、手間がかからず、


あとは何もしなくてもよいようになるのです。

 

 

特に初期大家さんにとって、

 

クレーム処理はうまく切り抜けたいところです。

 

 

なので、悪いところは全て直して新築同様にしたいのです。

 

 

リフォームが終われば入居者募集ですが、

 

どんなに素晴らしい物件でも、広告にのせて、


探している人に、知ってもらわなければ、


物件を見ることはできませんし、


見なければ入居が決まることはありません。

 

 

そのためには、複数の仲介会社に募集依頼することになります。

 


間取り図は、募集を依頼している不動産業者に、


任せてもいいですが、自分で作って持って行くことで、


物件をよりよくアピールすることができます。

 

 

仲介会社との契約の仕方には、


一般仲介と専任仲介があります。

 

 

専任仲介は一社に決めて募集するシステムで、


募集の範囲が狭くなりますので、

 

幅広く入居者を募集するためには一般媒介にして、

 

地域の不動産業者をたくさん回って、


入居者を紹介してもらう方がいいと思います。

 

 

広告料は2か月払うことで、業者は物件の写真を撮って


インターネットのポータルサイトに載せます。

 

 

サイトを見て来店したお客さんを案内して、


気に入ってもらうと入居契約するという流れになります。

 

 

インターネットに掲載してもらう以外に、

 

直接、店に来たお客さんを、


紹介するルートでも決まることがあります。

 

 

なので、多くの仲介会社に依頼しておくと、

 

それだけ案内されるお客さんが増えるのです。

 

 

仲介会社に依頼するポイントは、


返事を早くして、連絡を密にする。


ということです。

 

 

そして多くの業者に依頼するので、


カギはキーボックスを設置して、


現地に付けておくのがいいでしょう。

 


リフォームを完璧にすれば、最初に案内されるお客さんに、

 

決まることが多いのです。


 

最初に案内されるお客さんに決まらなければ、

 

多くの人が見てもきまらない傾向がありますので。

 

 

 

 

 

 

関連記事

空室対策の決め手

家賃設定について
一戸建て賃貸
空室がなぜ埋まらないんだろう?
入居者募集 空室対策、内覧者は大家が思っている以上にしたたかです
初めての物件購入からリフォーム

賃貸に出す際に大家さんが気を付けるべき点
自前リフォーム
リフォーム特集
入居者の募集と不動産屋選び
確定申告と 節税対策

お風呂、ユニットバスリフォーム 減価償却、浴槽の修繕、浴槽勘定科目

築古物件の浴室をできるだけ費用をかけずに入居者に満足してもらうには
強気の家賃設定ができる部屋作りを目指す
傾いた床だけ直す
リフォーム工事に失敗しないためには
リノベーションまで考えて不動産投資をする
築年数の経った古家のリフォーム費用
徹底(とことん)リフォームか、それなりリフォームか、建て替えか
大規模改修はしない
立地が良くて、土台がしっかりしていれば何度でも使える
物件購入はリフォーム代を含めた実質利回りでみる
浴室のリフォーム費用を安く抑える
お金をかけないリフォーム
リフォームの費用対効果
アパートのリフォーム
リフォームの業者選び
リフォームの失敗
リフォームローン
初めての物件購入からリフォーム
物件購入からリフォーム入居者募集
入居待ちができる一戸建てにしよう
資産の増やし方とdiyリフォーム
トラブル解消編
空き室対策と リフォーム
デザイナーズなのに空室が
スケルトンリフォームして長期に 安定経営をしよう
トイレとバス一体型は入居者が集まりにくい
古くなった一戸建て住宅を建て替えるかリフォームですませるか
自宅を安く入手するにはどうすればいいのですか
オール電化住宅って本当にいいのですか。
防音対策
賃貸問題解決 現状回復費用について
内装を極めることが大切です
大家さんの修繕義務
買った中古住宅の雨漏りと傾斜
リフォームはあわてず、ゆっくりする
リフォームを安く早く上げる方法
リフォームローンの現状について
自前リフォーム
リフォームを定年後の仕事にすることもできる
リフォームのすべて
進化する 貸家
入居者からのクレーム対応と修繕態勢
たいしたお金をかけずに不動産の価値を劇的に高める方法
エコリフォーム
室内の床鳴り、床のきしみを直すには
木造アパート床の防音対策
床のへこみ(直し)について
リノベーションとコンバージョン
修繕費にするか資本的支出にするか
ファミリータイプの物件は、浴室とキッチンだけは、新品に変えることが得策です
リフォームマンション
洗濯機置き場 室外は嫌われる
賃貸物件に あればよい設備
外壁塗装の仕方
一戸建ての浴室をユニットバス(システムバス)に替える費用
室内に洗濯機置き場を作る費用
汲み取り式から 水洗トイレに変えるには
セルフリフォーム(自前リフォーム)の確定申告
リフォームは地元の職人さんに一括発注する
庭にプレハブを建てる
シングルレバー水栓の替え方
排水管が詰まらないように、太くする方がいいのですか
ふすまを貼ったらしわになる
男性の小便器は何故、一般の家庭に普及しないのか
内装工事などのリフォームの耐用年数と減価償却

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/10
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク