サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


したくないリフォームと、しなければならないリフォーム | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
したくないリフォームと、しなければならないリフォーム

したくないリフォームと、しなければならないリフォームあれこれ


 

大家さんが出費を渋るリフォームというものはあります。



特に達成感のないリフォームは、出費を絞りたくなります。




すべてのリフォームを行うにあたっての、


基本となる考え方は、費用対効果の視点です。


 

将来の水漏れ対策として、排水管を換えたり、


屋根の吹き替え、地レジ対応アンテナを建てたり、


といったリフォームは、


クロスやフローリングのリフォームのように、


部屋がきれいになるわけではありませんので、


出費を絞りたくなるわけです。

 


しかし建物を維持するためには、


絶対に必要な支出であったりします。




これに比べて、アップグレードリフォームは、


必ず行わなければいけないものではなく、


費用対効果を考えてから、やるかやらないかを、


判断する工事になります。



なので、賃料等に効果がなければ、


無意味なリフォームとなってしまいます。




したがって、リフォームする場合は、


先ずは、それが復旧工事なのか、


それとも、価値を上げる工事なのかを、


見極める必要があります。




絶対しなければならないリフォームは、


その工事をやるやらないの判断ではなく、


やらなければ、物件を運営できない、


いわゆる復旧工事になります。





なので、復旧工事においても、


費用対効果の視点は重要ですので、


コストを抑える工夫は大事です。


 


ということは、賃貸事業は、いかに費用をかけずに支出を抑えて、


収入を高めるかという、企業経営とまったく同じことになってきます。



賃貸事業をしていく中で、コスト、つまり原価意識を、


高めることなしに、経営がうまくいくということはないはずです。





この視点に立って、賃貸経営をしていく必要があるということに、


気付いた方だけが、この大空室時代に生き残ることが出来ると考えます。











スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク