サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産の事業規模を大きくするか否か | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産の事業規模を大きくするか否か
不動産の事業規模を大きくするか否かについてあれこれ

 

不動産投資を始めた人が、賃貸業がうまく回り始めますと、

 

不動産投資家は、一つの大きなジレンマに陥ることになります。

 

それは物件数を増やして、これ以上どこまで、


賃貸事業を大きくするか否かという問題です。

 

明らかなことですが、ほとんどの事業家は、


自分の事業を大きくしたりしません。

 


大きくするよりも、小さいままにしておく方が、

 

経営のコントロールがしやすいからです。

 


不動産事業を大きくするには、人手を増やす必要が出てきます。


 

しかし人は少ないほうが、事業はやりやすいです。


 

それでも自分の事業を大きくしたい人には、リーダーシップと、


人材の管理という新たなスキルが必要になってきます。


 

人の数が増えますと、対人関係も増えるため、


それに伴って、課題も増えてきます。


 

したがって、当然ながら、経営者には優れた能力が要求されます。


 

しかし多くの起業家は、技術面では優れていても、


人材面や、コミュ二ケーション能力の面では、


欠ける側面があるのは否めません。

 

 

なので、人を雇い入れる前に、


自分の気持ちを確かめておく必要がでてきます。


 

それは、自分にはリーダーシップがあるか、


そしてそれは、事業を大きくするのに充分だろうか。



事業というのは、トップの器以上にならないと、


言われています。



したがって、人間を一つにまとめるには、


経営者自身の考え方を常に、


磨き続けなければならないと私は思います。



 

人材を見つけるというスキルは、


物件を見つけるというスキルとは異質なものです。



不動産投資の世界で、成功している投資家は、


すべてこのスキルに秀でています。



つまり自分の事業を大きくすると決心したら、


人材を確保する能力が、新たに加わることを、


肝に銘じておくことが必要になります。









関連記事
アパートを個人と法人のどちらで建てる

不動産投資と起業の相違点

不動産の事業規模を大きくするか否か


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク