サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


投資用ローンと住宅のローンの違い | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
投資用ローンと住宅のローンの違い

投資用ローンと住宅のローンの違いあれこれ

 

 

銀行は、不動産のどこを見る

 

投資用物件での銀行の視点はどこになるのか

 


多くの銀行は融資の判断のために次の2つを見ます。


1、キャッシュフローが出るか。


2、担保価値があるか

 

多くの銀行は、これらの評価を不動産鑑定士に外注しています。

 


不動産鑑定士は、キャッシュフロー、担保価値鑑定するほか、


その土地の再有効活用時の収益性を建築士のコメントを加えて鑑定し、


総合的に評価します。

 


つまり銀行目線とは、鑑定士と建築士の目線に左右されます。

 

 

住宅ローンでの銀行目線

 


1、新築物件が中古物件よりもローンが通りやすいのです。

 

 

投資用ローンよりも住宅ローンの方がローンが通りやすいのです。

 

というのは、新築物件の場合は、


ある程度まとまった戸数の販売が見込まれます。

 


住宅ローンを扱う際に、銀行は、その現場における立地状況、


たとえば最寄駅や、小中学校、スーパーなどの、



生活施設の便利度などを調べたり、

 

又、土地の価格や環境なども調査するのですが、


新築マンションのように、何十件、何百件と現場がまとまっていると、


この調査が、一度で済み、その手間も省けるわけです。

 


小さな中古物件なら、1戸1戸を調査しなければなりませんが、


新築の場合、マンションでも一戸建てでも、一つの調査で、


複数の物件に対応できることになり、余分なコストも手間も、


削減できるわけです。


 

結果、新築物件は融資が付きやすいのです。

 

2つ目は、住宅メーカーの営業マン次第では、


ローンが可にも不可にもなるということもあります。


しかし住宅は高額なため、大半の人はローンを利用して、


家を購入します。

 

しかし、お客さんがローンを利用できなければ、


家が売れたことにはなりません。

 


現在の家の売買契約書には、

ローン特約というものがついています

 

ローンを通すことも、


営業マンの仕事の一つになってくるのです。

 

優秀な営業マンは、いろいろな銀行の担当者とパイプがあり、

 

様々な人脈を駆使し、どうにかしてでもローンを通してくるといわれます。

 

つまり住宅ローンの通りやすい銀行というものを常に観察しており、

 

日頃から住宅ローンについて情報収集しています。

 

 


したがって、年収面や、勤続年数などで、


ローンが通るかどうか心配な方でも、


住宅メーカーの営業マン次第では、


ローンが可にも不可にもなるということが充分考えられます。





不動産投資ローン対策


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1008
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク