サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


金融商品では儲けられない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
金融商品では儲けられない
金融商品では儲けられないあれこれ

 

 

大金を持っていて、属性が良く、


銀行の融資を簡単に使える人よりも、

 

少額の資金しかなく、銀行融資の難しい人の方が、

 

ある意味メリットがあります。

 


銀行から、融資が受けられないことは、


リスクが少ないというメリットにつながり、


不動産投資を簡単に始められず、


失敗する可能性が少ないからです。


 

人は、すぐにでも手っ取り早くお金を稼げるようになりたいと思うものですので、


投資を始める人は、株やFXですぐに何倍もの利益を得ようとしがちです。

 

ところが、株やFXで儲かっている人は本当に一握りの人です。

 

 

特に株では、毎月確実に一定金額5〜20万円あげていくのは至難の業です。

 


プラス10万円の時があれば、マイナス5万円の時もあります。

 

浮き沈みがあるため、安定的に稼ぐのは難しいです。

 

 

このことは、金融のプロの証券ディーラーと称する人たちが運用を、


行っている、投資信託などの惨憺たる成績が物語っています。




大金を持っていても、その資産から継続的にもたらされる収入がなければ、


豊かさは実感できないはずです。

 


不動産の場合、キャッシュフローを毎月数万円以上得ることは、


一つの物件で可能になります。

 


不動産投資は、自分でコントロールできる部分が大きく、

 

しかも、安定収入が得られて、賃貸収入は景気に左右されにくいという、



メリットがあります。



 

最初の種銭を作る苦労がありますが、


後は不動産で、増やしていった方が、


安定的に稼げる確率はずっと高いといえます。

 

300万円位あれば、まずは不動産を探し始めることだと思います。


投資の一歩を踏み込んでみることが大切です。




資金が足りなければ、頭金にして借り入れもできます。



300万円といえば今の若い人の年収に匹敵する大金です。



でも節約して努力すれば、貯められない金額ではないと思います。


最初のハードルが高い分、ライバルが少なく、


失敗する確率は少ないものです。

 

壁に突き当たることがあっても、前向きに取り組んでいれば、


その苦労が、ノウハウになり資産の拡大に結び付きます。

 

このノウハウは、生涯使えるものです。




新 サラリーマン大家さんになるには。

物件選びは諦めず、くじけず数をこなす

物件を、激安で手に入れるには

最初の1戸をどう手に入れたらよいのか

不動産投資を始めるには、どれくらい自己資金が必要か


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1009
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク