サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


強気の家賃設定にするか、条件を下げて早く入居者を入れるか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
強気の家賃設定にするか、条件を下げて早く入居者を入れるか

強気の家賃設定にするか、条件を下げて早く入居者を入れるかについて

 

 


募集をかけても問い合わせがほとんどない場合、大家さんは、

 

空室のまま待つか、条件を下げて、

 

入居者を早く入れるか、迷うようになります。

 

 

立地が良いのなら強気で行くべきですが、


そうでないと条件を下げて機会損失を防ぐべきです。

 

 

 

募集してもなかなか決まらないと焦ってくる。

 

家賃を下げるべきか迷うところです。

 

 

3か月空室が続くようなら思い切って家賃を下げてみましょう。

 

 

ただし余り下げすぎると質の低い入居者に入られる心配があります。

 


 


オーナーが不動産賃貸業者に入居者募集をする場合、

 

広告宣伝費は、いくらいただけますかと聞かれることが多いですよね。

 

仲介手数料を入ってくるのだから、広告宣伝費は1か月で、

 

いいのではないでしょうかと、

 

思っている大家さんも多いと思います。

 

でも、広告宣伝費、2か月つけますという大家さんと、


仲介料があるから1か月でいいでしょうという大家さんがいれば、


同じような物件なら、仲介業者さんは広告宣伝費を多くいただける物件に、


当然、先に入居者を付けるはずです。

 

なので、たいていの人は、客付け業者を回るとき、


広告宣伝費を2か月出しますと言って回っているはずです。

 


もっとも、何か月も空いている物件については、


広告宣伝費を3か月付けてでも、


入居者を決めてほしいものです。

 

というわけで、広告宣伝費は節約せずにどんどん出すべきです。

 

 


空室のまま推移するよりも、

 

早く決まった方が全然いいからです。

 

 

 

賃貸募集の基本は、物件の近くの業者に依頼することです。

 

 

 

仲介契約は専任にしているのなら、

 

早い段階で一般媒介に切り替えて、

 

近隣業者の10軒ほどに、同条件で仲介を依頼する方が、

 

早く決まります。




専任で2か月つけるよりも、一般で2か月つけるべきですね。

 

 

なぜなら専任の場合は、不動産屋さんは情報を囲い込んで、

 

自分のところで入居者を決めようとしますので、

 

なかなか入居者が決まりません。

 

 

さらに、条件面も、敷金も礼金もとらずに、

 

入居者の初期費用を抑える工夫も必要です。






関連記事
空室対策の決め手


引っ越し費用無料で借りやすくする

ゼロゼロ物件 フリーレント1か月を大家から提案する


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1013
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク