サラリーマン大家さんで豊になろう


アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)アパート建築費比較 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)アパート建築費比較

アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)アパート建築費比較について詳しく

 

 

 


アパート建築可能な面積は、用途地域内での建蔽率と、


容積率に従う必要があります。

 

 

 

一、二種低層住専は、規制が厳しい。

 

 

この点、アパートは一、二種住居地域、準住居地域では、


前面道路幅が大きければ、容積率も高まり、


3階も可能となりコスト面で最適といえるでしょう。

 


一般的にアパート建設費は、本体工事費と別途工事費をさします。

 


つまり、本体工事以外に、別途工事費として、


外階段、廊下、水道、下水道負担金、外溝工事費、ベランダ、


駐車場整備費や旧建物解体費用などがあります。

 


これらは、本体工事費の20%をかかるとみます。

 


建設費は崔渦舛埜る場合と、


坪単価で見る場合とがあります。

 

 

 

ベランダや駐車場付きだと建築費が高くなっても、


集客率が高まります。

 

 

 

ちなみに、1平方メートル = (1 屐砲蓮

 

一辺の長さが1メートルの正方形の面積です。

 

 

1坪=3.3平方メートルで、正確には、

 

3.305785123平方メートルになっています。

 

およそ、畳2枚が一坪としてとらえる職人さんが多いですね。

 

 

仮に6畳一間の1DKのアパートをつくるなら3坪と、


押入れ、台所、トイレ、キッチン、浴室などを4坪として、


7坪が目安になります。

 

 

本体工事費は、木造の場合13〜15万円/

 

マンションの建設費は18〜20万円/屬隼笋呂澆討い泙后

 

 


アパートの戸数8室(2階建て)の場合、


1室あたり30屐複隠庁法砲箸垢襪函


1階面積120屬砲覆蝓■嘘に4室、


2階に4室の総8室の2階建てをつくると仮定して、


120×2=240屬箸覆蝓


本体工事費は、240×13万=3,120万円

 

 

アパートの戸数10室(2階建て)の場合


1階面積150

 

2階建て150×2=300


300×13万=3,900万円

 

 

アパートの戸数18室(3階建て)の場合

 


1階面積180


3階建て180×3=540

 

 

3階になってくれば、工事単価が上がってきます。

 

540×15万=8,100万円

 

 

 

また、アパートの戸数21室(鉄骨3階建て)で計算しますと、


1階面積210


3階建て210×3=630

 

 

630×18万=11,340万円

 

 

 

 


アパートの戸数36室(RC4階建て)の場合


1階面積270


4階建て270×4=1,080

 

 


1,080×20万=21,600万円

 

とRCは見積もりますが、

 

これは全面道路が十分ある場合は、

 

狭くても3階建てを可能とするところがありますが、

 

2階建てよりも耐火構造設計などの面で、

 

工期も木造の2〜3倍かかり、

 

建築費が2割くらい高くなる可能性があります。

 

 

そのかわり戸数は2階建てよりも、


1,2〜1,5倍とれますので、


それだけ家賃収入が多く望めます。

 

 

また、1室あたり20屐複隠法砲砲垢襪函


20屐複隠法砲錬械悪屐複隠庁法砲鉾罎戮董電気、


水回り設備費、壁の面積比などの相違から高くなります。

 

 

1室あたりの建築費は、だいたい、


1DKの3分の2〜4分の3になると見なされます。

 


1Kの場合は建築費は部屋数が多いことから、


予算が多くかかりますが、


反面、家賃収入は部屋数が多いと多く望めます。

 


この点、家賃収入と部屋数のバランスで見る必要があるでしょう。

 

一般にアパート建設費とは、本体工事費だけであったり、


設備を含めた価格であったりしますので、


細かく見積もりを比較する必要があります。

 


また建物のグレードによって違ってきます。

 

その他、登記費用、固定資産税、ローン保証料、仲介手数料、


火災保険などの付帯費用も必要になります。

 


この付帯費用は10世帯のアパートの場合で、


100万円位になるでしょう。

 

また、大手住宅メーカーのプレハブのアパートは、


見栄えは良く、工期も早く快適に見えますが、


大量の広告費を使って宣伝、販売しているため意外に高くつく。

 


ブレハブなどの軽量鉄骨のアパートは耐用年数が19年と短く、


鉄なので錆びやすいでしょう。

 


アパート建築費は、この他にも法規制によるコストも、

 

考えなければなりません。

 

 

アパートは、戸建てに比べて、


多人数の居住する共同住宅のため規制が多く、


防災、安全や窓先空地とか、内部の防火や、


遮音仕切壁の設置などの規制が設けられており、


いずれにしろ、法規制に準拠した建物にするために、


戸建よりもコストが高くなるでしょう。

 

 

 

アパート建築費を安く上げるには

 


アパートを安く建てるために最も大事なことは、


プレカットを取り入れているローコスト工務店を見つけて、


そこに一括発注することです。

 

そうすることで坪単価が40万円以下に、

 

抑えられるようになります。

 

 

プレカットを取り入れることで、


建築費の中で大きな比重を占める労務費を、


抑えることにつながるからです。

 

 

プレカットとは、家を建てる際に必要な構造材(柱、梁など)を、


現場で作業しやすいよう、 あらかじめ工場でカットして、


現場組立することです。

 

 

また機械加工による高精度な、


継ぎ手加工をすることができるため、


大幅な工期短縮が期待できます。

 

 

 

アパートを安く建てるには、労務費削減のための工期を、


いかに短くするかがポイントになります。

 


プレカットメーカーを持っている会社に発注することで、


工期短縮が可能になりローコストが実現するわけす。

 

 

建築費の中で大きなウエートを占めているのは、


材料費と人件費です。

 

 

材料費を安くしようと思っても、


仕入先は決まっていますし、


コンスタントに大量に仕入れる以外に、


特別に安く仕入れることは難しいです。

 


したがって、人件費を節約することになってきます。

 


では人件費を安くするにはどうすればいいかと言えば、


職人さんの仕事の工期を短くすることになってきます。

 


そこで考えられる工法がプレカット工法ですね。

 


一般的に建物を建てる場合、


大工さんが材木の太さや、木の伸縮や、


木目の状態を目で確認しながら、


木材のどの部分を使うかを決める木取りという作業を行い、


切断し柱に穴を開ける位置などを決めて、


墨付けという作業で書き込み、芯出し、


それから実際に角のみや、基礎材の確保、


ほぞ取り機という木工機械を使って、


刻みという作業にかかり、採寸から切断、


建て方からくみ上げ、上棟まで持っていきます。

 

 

そこまでに行われる作業に、


50坪程度の住宅でも、


大工さん2〜3人で1か月半かかってきます。

 


しかし、プレカット工場で材料を切断加工することで、


ここまでの作業を2〜3日程度で完了させてしまいます。

 

 

 

しかも、品質管理の行き届いた工場で精密機械を使って、


高精度な加工ができるので、


現場での微調整や手直しが削減でき、

 

その分、図面合わせするだけで、


大幅に工期の短縮ができるわけです。

 

 

 

さらに、工場カットなら、現場での切断作業に伴う無駄な廃材や、


処分するための運搬を省くため、処分費が安くできることです。

 

ということで、廃材運搬費が大幅に削減でき、

 

こちらでも工賃が節約できます。

 


このように、プレカット工場で刻みまできちんとやれば、

 

大幅な工期短縮につながり、高額な職人への日当や廃材処分費を削減できます。

 

もっとも、工場労働者の方が大工さんよりも、


はるかに日当が安く、仕上がりも均一で、


作業時間も少ないために、


工事原価の低減には大きく貢献します。

 


さらにアパートを安く建てるためには、


設計と施工で会社を分けることでコスト削減を図っていきます。

 


アパートを建てるために、設計は建築士に頼み、


施工は施工専門の工務店に分離して依頼したほうが、


ローコストにつながります。

 

最も建築費を安く上げるためには、


得意分野のそれぞれの専門家ごとに分離発注することが、


ローコストにつながりますが、


これは大家さんが現場監督になって仕切る必要があるため、


手間がかかりあまりお勧めできません。

 

かといって大手のハウスメーカに依頼すると、


アパート建築の手間はかかりませんが、


建築コストに様々な宣伝費用や間接費が上乗せされ、


建築費が割高になってしまいます。

 

コスト削減のポイントは、


設計と施工会社を分けることで、


経費削減につながりますが、

 

 

また、構造は何がいいかというと、


これは木造が優れています。

 


木造といえば、耐震性や耐久性に劣ると思われますが、


最近の建材は品質が優れており、


地震にも強く、法定耐用年数を超えても十分使用できますし、


きちんとメンテナンスすれば50年でも十分耐久性があります。

 


また、メンテナンスコストにしても木造は、


鉄骨やRCに比べて安いのが特徴で、


細かいところまでリフォームが可能な点です。

 

 


建てて50年、運用する方は少ないでしょうが、


最終的に土地として売却する場合でも、木造は、


更地にする費用も鉄骨やRCに比べて割安ですし、


売りやすいためです。




スポンサーリンク



関連記事

初めてアパートを建てて不動産経営をする人とすでに賃貸経営をしている人の違い

 

建築条件付き新築アパート

 

アパート、マンションの工事期間、 工事遅れのトラブル

 

アパート建築費はいくらかかる(1棟4室の長屋形式アパートの場合)

マンション建設費はいくらかかる、(概算)コスト計算

アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)

 

アパート建てる場合のコスト計算

 

100坪の土地があるのなら3階建ての木造アパートを建てる

 

少ない予算で長期経営できるアパートを建てるには

 

アパート経営のコスト計算 

 

宅地造成費、地盤改良費は経費になるのですか  

 

アパート建築費の建物構造別比較

 

アパートを建てる場合の資金繰り

 

アパート建築費用の仕訳(初めてアパートを建てた時の経理処理)

賃貸経営をしている人がアパートを建てる(2棟目以降の確定申告)

 

アパート共用スペース(外廊下や外階段)の建築費用

 

アパート外階段リフォームの法定耐用年数、減価償却期間

 

アパート同士の競争

 

アパート建設、分離発注にチャレンジする  

 

アパートを建てるか、コンビニを建てるか 

 

アパートを建てる場合、一棟の規模は何戸がいいかについて  

 

重量鉄骨でアパート、マンションを建てる

 

ハウスメーカーの鉄筋コンクリートマンション

 


スポンサーリンク



確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2016/06/08 8:06 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1021

スポンサーリンク


コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

AX