サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


アパート建設をする前に必要なこと | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アパート建設をする前に必要なこと

アパート建設をする前に必要なことあれこれ

 

 


住宅でもアパートでも、住まいを建てるときは、


市区町村の建設担当課に建設確認申請をしなければなりません。

 

 

この際に、その建物は、都市計画法や建築基準法などの様々な制限、


すなわち、建蔽率、容積率、北側斜線、道路斜線、日影規制、高度制限など、


守らなければならない問題があります。

 

 


もちろん、ハウスメーカーに依頼する場合は、


工事を請け負った会社が、代理人として提出してくれるのですが、


当然、その分は建築料金に上乗せされているわけです。

 


当事者がこの建設確認申請をして、申請が受け付けられると、


役所は、受理した日から21日以内に、


確認通知を申請者に通知することになっています。

 


しかし、なかには、この確認通知が出た後に、

 

工事の段階で、工務店が違反工事をしたり、

 

それを依頼する施主がいたりして、それを役所に指摘され、

 

工事のストップを命じられ、さらに違反した部分の、

 

やり直しをしたという失敗談もあったのです。

 

 

ちなみに建設会社への発注ですが、完成時期を、


春の異動がある時期や、秋の引っ越しシーズンに合わせるのが、


望ましいでしょう。

 

 

人は、住まいを変えるときは、


それなりの理由がないと移動しませんが、


その意味でも転勤、転職、就職、結婚などの理由で、


必然的に人が移動する季節がありますので、


当然その季節に合わせて竣工するのがベストといえるのですね。

 


建物の高さ制限と北側斜線制限、用途地域には、

 

低層という字が入る地域と、中高層という字が入る地域があります。

 

 

 

特に低層の地域では高さ制限がありますので、

 

注意する必要がありますね。

 

 

この高さ制限のある地域では、建蔽率や容積率に関係なく、

 

建物の高さを10メートル以下、または12メートル以下に、


しなければなりません。

 


つまり、建蔽率や容積率を考えて空き地を増やしたから、

 

その分を上に伸ばそうとしてもできないわけです。

 

 

というわけで、低層というからには高い建物は、


建てられないということです。



 

したがって低層の地域では、最高でも3階建てが限度だから、

 

その条件内で建設計画を立てなければなりません。





又、北側斜線制限といって、アパートを建てる際、

 

北側の家に対する日照権を害しないように考慮しなければなりません。

 

 

南側を開けるために、アパートを北側ぎりぎりに建てようとしても、


制限があるわけですね。


 

「道路斜線」「北側斜線」「日影規制」などの詳しいことは、

 

役所や、専門家に聞いても難しい問題です。




といいますのも、土地は一つ一つ違いますので、


個別に、建築基準法を理解してから、


アパートを建てる必要があります。
 

 

 

アパートの寿命は25年、古くなって入居率が下がれば、


建て替えも考えるようになるでしょう。

 


その際ローンと収入のことが一番先に頭に浮かびますが

 

その期間、まず法律の改正が行われているかどうかを、

 

調べる必要があります。

 


建築物の場合は、既存の建物は現状のままでよいですが、


新築する場合や、建て替える場合は、

 

新しい法律に従わなければならないのですね。

 


法律が改正されると、当然ながら、

 

新しい法律に従わなければなりませんので、

 

従来のような建物は建てられないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

関連記事
新築アパート経営に将来性はあるのか

自己所有土地にアパートを建てた場合のキャッシュフロー

新築アパート経営でどれくらい儲かるのか(実際に得られるキャッシュフロー)

アパート建築費の建物の構造別比較

アパート建築費はいくらかかる(1棟4室の長屋形式のアパートの場合)

アパート建設のコスト計算

アパートを建てるのなら1K12室か(2DK・3DK6室)を建てるか

アパート建設、需要の多い間取り

更地を買って アパートを建てることは あまりすすめません

3階建てアパート(マンション)建設費用はいくらかかるか

アパートを建てると、固定資産税が安くなるという落とし穴

アパート経営の難しい点

新築アパート経営は失敗になる可能性がある

アパート建設費用はいくらかかる

アパート建設をする前に必要なこと

 

アパート経営のコスト計算   


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1031
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク