サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なぜ見てばかりで、物件を買えないのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なぜ見てばかりで、物件を買えないのか

何年も物件を見ているのに、一向に買えない人がいます。




見るのは苦痛でなくても、契約するのは重圧があるという人もいます。




特に初めて不動産を買う人、初心者に多いのです。



でも、何年もやっている人でも、契約をするときは、


多少の重圧はあります。

 

 

買った後で気が進まなくなって、

 

買いの後悔と言うのもあります。




見るのと買うのとでは、両者の間に大きなハードルがあります。

 

 

この物件だったら、苦労をしなくても、経営ができるのではないか。

 

社会的な意味で、ちゃんと将来も経営の見通しが立つのではないか。

 


お金を稼げるのではないかと、そしてこれはいけると思ったら、

 


買い付けをして、本契約に進むわけです。

 

 

ここで本契約というのは、大家さんになることです。

 


現地見学は、契約の前段階である本契約前のお試し期間です。

 


インターネットで、掘り出し物件を探すのが楽しいという人がいますが、


検索が楽しいのは、最後に契約をしなくてもいいからです。

 


そういう意味では、見るだけは、気楽なのです。

 

 

それは本契約を、しなくてもいいからです。

 

 

だいたい、見ることは、楽しいという人は、


大家さんになって、ある程度結果を出しており、
 

経済的にも、精神的にも、安定している人です。

 

 

買い物に行って、何を買おうか迷っている時が一番楽しくて、


実際に買った品物を、冷静に見てみたら、


これイマイチだったと思うことはありませんか。

 

 

見るのは楽しくて、契約は重いというのは、


まさにそういうことです。

 

 

契約した後に、一応返品は可能です。

 

 

しかしそのためには、たいへんな手続きが必要で、

 

事実上、不動産の場合は、

 

返品ができないといったケースがほとんどだと思います。

 

 

このような現実を知ってしまって、

 

購入の本契約に慎重になりすぎると、


物件に対しての理想というか、ムシのいいことを望みすぎて、


なかなか、本契約にたどりつけないというケースになります。

 


いま、目の前にある物件より、


もっといい物件があるのではないかと思うのは自由ですし、


何万件の分母の中に、もっと良い物件は確かにあるでしょう。

 


しかしそういう物件には、ライバルの数も多いですし、

 

その中には、自分よりも属性も資金面も上の人も含まれています。




WINーWINの関係という言葉がありますが、


自分だけが得する関係とか、


自分だけが儲かる取引というのは、


続かないものです。

 


相手に与えるメリットが、少な過ぎると、
 

こちらと契約するよりも、もっと効用が高い代替案を、


相手が見つけられるようになってしまうからです。

 

 

物件を見ていて、実際に買えない人は、


物件探しをあきらめたということかといえば、


実は、そうではなく、

むしろ、どこで手を打つかということを、


決断できていない人が多いのです。

 

 

いい物件が回ってくるのに、買えない人は、

 

意外と属性が良い人が多いのも不思議です。

 


やはり、属性が良くても物件を買えない人は、


あるタイミングで見切りをつけて、


手を打てない人なのでしょう。

 


しかしもっといい物件があるのではないかと、

 

先延ばししているうちに、
 

他の人に買われてしまうのです。

 

 

いい物件が出てきても、以前のことが頭に、

 

インプットされているので、
 

それよりも下の物件では、納得がいかず、

前と同じか、それ以上の物件を探そうとして、

 

いつまでも買えなくなっていくのです。

 

 

そして、探すだけは楽しくて、

 

契約は重いという状態に入ってしまうのです。

 

 

こうなると、ちょっとやそっとのことでは、

 

物件を、買えなくなってしまいます。







一発でリタイアできる物件

不動産投資はじめの一歩

不動産投資を始める人のリスク

不動産投資、買いの後悔

最初の1戸をどう手に入れたらよいのか

不動産を買えるのに 買えない人

サラリーマン大家さんになるには 心理的重圧を覚悟しよう

もう5年以上も物件を 見ているのですが まだ一件も買えません。

賃貸物件購入の失敗

知っていることとできるとは大違い

なぜ見てばかりで、物件を買えないのか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1039
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク