サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


高い家賃をとると、入居者の出入りが激しくなる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
高い家賃をとると、入居者の出入りが激しくなる

高い家賃をとると、入居者の出入りが激しくなるについて  

 

 

 

 

高い家賃をとると、入居者の入れ替わりが激しくなるのはなぜか。

 

 

昨今は、インターネットで検索しますので、

 

一時的に高い家賃で入居していただいても、

 

決して喜べるものではありません。

 

 

入居者の入れ替わりには礼金や敷金という、


まとまった金額が取りにくくなっています。

 


なので一度入っていただければ、


入れ替え時には、リフォーム費もかさみますので、


なるべく長く入居してほしいと思うのは、


大家さんの共通の願いではないでしょうか。

 


設備投資をして、部屋をきれいにして、


高い家賃設定で貸し出すことができても、


入居者は当初は、満足していても、


経年とともに、部屋も劣化してきますので、


いつかは、出てやろうという気持ちになるものですね。

 

 

入居者は、ネットでヤフー不動産などで、


賃貸物件の検索サイトで、


条件を入力して常に検索していますので、


今と同じような家賃でもっと広く、


もっときれいなアパート、マンションや一戸建てなどの情報を、


いつも見ていたりしますので、気が置けないのですね。

 

 

なので、いくら、入り口で高い家賃で決まっても、


退去の時期を早める結果になる可能性がある。

 


もっとも、入居者の入れ替わりが激しくなると、


仲介業者の仕事が増えますので、


仲介業者だけが潤うようになります。

 


そこで、入居者を付けるときのポイントは、


自分がいくらの収入がほしいというより、


まずは相場の研究です。

 


そして相場と同じ位か、多少相場よりも、


少し安めに家賃を設定した方が、


長く住んでもらえる確率が高くなります。

 


つまり、入居者が内心ちょっとだけ、

 

得をしたなと思える金額に設定することで、

 

それが長期入居につながり、長い目で見て、


結果的に受け取る家賃収入を最大化できると思うのです。

 

 

ということが言えると私は思います。

 

 

もともと、供給に比べて需要の少ない地域では、


この傾向が顕著で、そのうち高い家賃が払えなくなるのですね、


ひとたび退去してしまうと、連鎖で退去されてしまい、

 

アパート全体が静かになり、

 

なんとなくさびしくなっていきます。

 

 

そうなると、退去が退去を呼ぶ結果になってしまいます。
 


ということで、高すぎない適正な家賃設定にすると、


長い目で見れば空室率が低くなり機会損失が防げるのですね。

 


割高な家賃を設定をして入居者を付けても、


それは他人に、自慢できるくらいの、


価値しかありません。

 

 

入居者が居なくなれば元も子もありません。

 


入居者の出入りが激しくなり、


全体として空いている期間が増えれば、


利回りが悪くなります。

 

そして、退去後にすぐには、


次の入居者が決まらないとなると利益に響きます。

 


家賃の高い物件ほど、この傾向が強くなり、


次の入居者を決めるのが難しいので、


結果的に空いている期間が多くなるという悪循環になります。

 

 

賃貸経営のコツは、空室率を極力低くすることだと言えるので、


グレードの割には、家賃設定が少し低い方が、

 

長期入居につながり、安定経営につながりますね。

 

 

日本の住居費は、世界中で最も高い国の一つだといわれていますが、


たとえ、モノの市場価値が、下落気味であっても、


家賃はあまり下がらない特徴があります。

 


なので家賃は借りる側にとっては、

 

大きな負担になってくるのです。

 


入居希望者がたくさん現れる時期で、


立地条件の良い場所であれば、大家さんは強気になりがちですが、


一旦入居が決まったとしても長続きしません。

 

 

たとえ条件が良くて、リフォームによって、


新築同然になった部屋であっても、


借り手市場では、ある程度割安にしなければ、


競争力が落ちてきます。

 

 

入居者は、少しでも安い物件に決めがちなので、


高い家賃設定だと、入れ替わりが激しくなるのは、


当然なのかしれません。

 

 

 

 

 

 

関連ページリンク

空室対策の決め手

 

リフォームしたのに家賃は下がるときがある

アパートとマンションの建物の構造によって入居付けに差があるのでしょうか

入退去が煩雑だと広告宣伝費が莫大になる

入居者は信頼できる大家さんの家に住みたいと思っている。

家賃を下げても決まらないとき

どのような賃貸住宅であれば、将来にわたって住み続けてもよいと思うのか

入居者からの、家賃値下げ交渉にはどう対処する

入居者の質

 

ワンルームや1Kは入居者の出入りが激しい

決まりやすいクラスの家賃と部屋

家賃はどのように決まる(決める)

空室がなぜ埋まらないんだろう?

一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならない

もう万策尽きたというときが空室対策の始まり

高い家賃をとると入居者の出入りが激しくなる


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1045
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク