サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならない

一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならないあれこれ

 

 


賃借人は同じ賃貸住宅から、

 

より質の良い賃貸住宅に移るということをよくします。

 

 

新しいものが増えると、人はそこに集まります。

 

しかし次にもっといいもの、新しいものが出れば、


今度はそちらへ行くのです。

 


なので、古くなった物件は、家賃を下げて割安の魅力で、


対抗せざるを得なくなります。

 


賃貸住宅に住んでいる人は、持家を購入しない人や、


分譲マンションを買わない人は、もっと良い賃貸住宅に移ろうとしますので、


よりいっそう、賃貸住宅の質が問われるようになっています。

 

今の入居者に、いつまでも住んでもらいたいのなら、


ある時期を境に、設備を入れ替えるサービスをしたり、


先手を打って、思いきって今住んでいる入居者の家賃を下げるということも、


必要になって来るのです。

 

 

しかし、これはなかなかできるものではありませんね。

 

入居者退去の理由は、賃貸から分譲住宅に移る方もいますが、


実際、同じ賃貸住宅に移る方もたくさんいるのです。

 

 

人口は増えていない状態で、


賃貸アパートは、相変わらず建設され、増えていますので、


古くて割高な物件は、淘汰されていきます。

 


同じ賃貸住宅に移る方は、それまで住んでいた賃貸住宅に、


不満を感じている人もいますが、



ところが、



経済的合理性から、


自分たちの負担が減ると思えば、


そちらに入ることも起こりがちです。

 

 

最も子供が独立したという理由で、

 

便利な都心のマンションに移るケースもありますが、


大半は、家賃が高いとか、設備が古くなってきたとか、


駐車場がついてないので駐車場付きに移るという具合に、


入居者はよりいいものに移ろうとします。

 

移り変わりが激しくなれば、

 

仲介業者だけが潤うようになってしまいます。

 

 

将来的に、賃料の割に、質の悪い物件は、


どんどん、空き家になっていきますね。

 

ということはデフレの時代は、大家さんは、一度人が出たら、


家賃は下がることを覚悟しなければならなくなることを意味します。

 

つまり古い物件は、家賃の安さを魅力にせざるをえなくなるのでしょうか。





関連記事
入居者からの、家賃値下げ交渉にはどう対処する

家賃を上げることはできないのか、家賃を上げるには

家賃の値下げ交渉をするには

サラリーマン大家さんの オーナーチェンジで 家賃はあげられるか

家賃はあげられるか

入居者の質

 

新築アパート経営は失敗になる 可能性がある

決まりやすいクラスの家賃と部屋

高い家賃をとると入居者の出入りが激しくなる

一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならない


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1048
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク