サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


収支内訳書(損益計算書)を書き終われば、次は申告書の本体を書くことになります | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
収支内訳書(損益計算書)を書き終われば、次は申告書の本体を書くことになります
収支内訳書(損益計算書)を書き終われば、次は申告書の本体を書くことについて詳しく



収支内訳書に記入までは、一気にやってしまいましょう。

 

申告書には第一表と第二表がありますが、

 


第一表は税額の計算、第二表はその内訳という形になっています。

 

基本的に第二表から書いていった方がわかり易いです。

 

第二表は、所得の内訳、専従者の生年月日、仕事の内容、

 

雑損控除、医療控除など所得控除の内容を書くことになっています。

 


特別ややこしい計算はありませんが、細かく面倒な部分です。

 

 

でも税務署でもらった確定申告の手引きを見ながら書けるはずです。


丁寧に一個づつ記入していけばよいです。

 


次に第一表です。

 

これは全部で次のような6段になっています。

 

 

収入金額、所得金額、所得から差し引かれる金額、


税金の計算、その他、延納の届出です。

 


収入金額等のところは、不動産の欄に収支内訳書の収入金額を、


そのまま書き写します。

 

給与欄には、サラリーマンの給与の総支給額(給与所得控除前金額)を、


記入します。

 

所得金額等のところも同じように、不動産の欄に収支内訳書の所得金額を、


そのまま書き写します。




つまり、ここの所得金額は専従者(給与)控除後の金額を記入します。



青色申告なら青色申告控除後の金額を記入します。


 

所得から差し引かれる金額は、社会保険料控除、生命保険料、配偶者控除、


扶養控除など該当する控除額を記入します。

 


基礎控除は38万円になります、これはどんな人でも受けられるものです。

 

 


そして、税金の計算の欄では、所得金額の合計と、


所得から差し引かれる金額の合計を差し引き、


課税される所得金額欄に記入します。

 

 

その下の、上の26に対する税額又は第三表の〜という欄には、

 

上記の課税される所得金額に税率をかけて算出した金額を記入します。

 

 


ここが一番のポイントなのです。

 


ここさえクリアできれば、申告書はもうできたのも同然です。

 

頑張ってください。

 



所得税の税率表

課税される」所得金額 税率 控除額
195万円以下 5%                  0
195万円越え330万円以下 10%      97、500円
330万円越え695万円以下 20%    427,000円
695万円越え900万円以下 23%    636,000円
900万円越え1800万円以下 33% 1、536、000円
1800万円超 40% 2、796、000円




税率表の計算の仕方は、たとえば所得が300万円の人は、


195万円超え330万円以下の欄に該当し、


計算式は300万円×10%−97、500=202、500円です。

 

この202、500円を、上の26に対する税額〜に記入するわけです。

 

で、株式投資をやっている人で配当控除など税額控除がある人は、


該当欄に記入し、差引所得税額にまた差引額を記入します。


 

配当控除などの税額控除がない人は、


上の26に対する税額〜をそのまま記入します。

 

そして、サラリーマンで源泉徴収されている方は、


源泉徴収税額の欄に源泉徴収された税額を記入します。

 


その下の申告納税額の欄は差引所得税額から源泉徴収税額を、


差し引いた金額を記入します。

 

これが赤字になるときは、左に△を書きます。


その下の予定納税額というのは、予定納税した人は、


ここに記入してください。

 

関係ない人は、飛ばしてください。

 


前年の所得税が100万円くらいないと予定納税は必要ありませんから、


ここに記入する人は、そんなに多くはありません。

 


それで、申告納税額が黒字の人は、


収める税金の欄にその金額を書き写します。

 

 

赤字になった場合は、還付される税金に申告納税額を記入してください。

 

その他の欄には、


パートなどで配偶者に所得がある人の場合は、


配偶者の合計所得金額欄に所得金額を記入します。

 

つまり配偶者控除か配偶者特別控除を受けている人は、

 

配偶者の合計所得金額を記入し、

 

専従者給与を出している人は、専従者給与(控除)額の合計額を記入します。

 

他にも該当箇所がある人は、それぞれ記入します。

 

延納の届欄には、延納をしたいと思っている人は記入してください。

 

 

それで、税金が還付になる人は、右下の還付される税金の受け取り場所に、


銀行口座か郵便貯金の口座を記入します。

 

 

ここに記入していなければ、還付が受けられませんので注意してください。

 

これで申告書の作成は終わりです。

 


全体の流れを整理しますと、次の通りです。

 


必要な用紙、資料を用意する。

 

そして収支内訳書をつくる。

 

それから、申告書の第一表と第二表をつくる。

 

ということです。

 


やったらできます。

 

慣れない人は、繰り返しやれば出来るようになります。

 

不動産投資をしている人は、確定申告書の作成は、


なるべく自分で済ませることを目標にしましょう。






貸借対照表の 書き方について、不動産用

簡易簿記の書き方

白色申告の書き方

青色申告の書き方

確定申告の準備

不動産確定申告、先ず何をする

初めての不動産確定申告

所得税計算の流れ

不動産所得金額の計算の仕方

確定申告は自分でやろう。(確定申告は自分でやるのでしょうか)

不動産、確定申告の仕方

収支内訳書を書き終われば、次は申告書の本体を書くことになります

確定申告書、収支内訳書の書き方


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1051
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク