サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資を始める人のリスク | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資を始める人のリスク
不動産投資を始める人のリスク

 


会社あるいは組織に依存し、


一つの道しか収入の流れがないライフスタイルは、


きわめてリスクが高いものです。

 

 

そういうサラリーマン生活を淡々と繰り返している人を見ると、


不思議に思います。

 


無意識で稼ぐことは良くないことだと、


思っているのではないでしょうか。

 

 

この資本主義の中に生きている限り、


お金を稼ぐことは力になります。

 


お金がないということは、他の選択が出来なくなり、


身動きができなくなる状態です。

 

明日何が起きるかわからない時代です。



私たちの将来は誰が保証してくれるものではありません。

 

いつ勤めている会社が倒産するか、それもわかりません。

 

戦力外通告を受けて、どこかに飛ばされる。

 


あるいはクビになるかもしれません。

 

なのでサラリーマン以外の収入の道は、


将来の不安要因に対する保険でもあります。

 


これから不動産投資をやろうとする人は、


初心者向けの指南書をたくさん購入したり、


サイトを見たりしがちです。

 

とりあえず、知識を一通り会得したら始めようと思います。


とよく聞きます。

 

でもそういう人達のほとんどが、実際に始めていません。



又は、投資を初めて半年以内に、

 

稼げないと言って退場するはずです。

 


というのは、投資というのは、


不動産にしろ、FXにしろ、株式にしても、

 

ある程度のリスクを背負わなくてはなりません。


 

確実に稼げる方法など、妄想でありそもそも存在しません。

 

 

ネットでこの方法で毎月100万円稼いでいますという手法が、


情報商材として販売されていますが、


そのほとんどは価値が極めて低いものです。


 

価値のある情報というのは、本質的に入手が、


非常に難しいという性質を帯びています。



購入するというボタンをワンクリックして、


すぐにダウンロードされるような入手が安易な情報は、


基本的に賞味期限が切れているのです。

 

 

中には、価値のある情報を握っている販売者、


著者も確かに存在します。


 

だからある情報商材に興味を持って購入し、


少しでもためになると思ったら、

 

必ず、販売者あるいは著者に感想や質問メールを送って、


親密になり、その後もっと価値のある、


書籍に書かれていない情報を、


直接引き出すことが大事です。

 

 


非常に考え抜かれた質問や、


販売者を感動させる感想を出せば、

 

向こうからも丁寧かつ慎重に、


心を込めて返信してもらえるはずです。


 

そうすることを、繰り返すことで、


有益な情報を受け取れるようになります。

 

ここが、一般の書店で販売されている本と情報商材の違いです。

 

 

投資に成功するためには日頃の情報収集が大切という幻覚に、


多くの人達が支配されています。


 

しかし情報を集めれば勝てるわけでないことが、


過去の歴史からも明らかです。



本当に価値ある情報は、無料で入るわけもないし、


 投資は、緊張と、汗と怒りと歓喜の繰り返しです。



そのあたりのことがしっかり描かれていないものは、


意味がありません。


 

情報を集めることは成功には欠かせませんが、


誰もが成功できるものなどはありません。

 


集める情報に紛れ込む偽物や、


価値のない情報を見分ける力も必要です。


 

極端に言えば、億万長者の成功法則について書かれた、


本やサイトをいくら読んでも、本当に成功できるとは、


限っていませんし、本当に成功できる人は、


その読者のほんの一部だけです。

 


経済的自由に生きるためには、自らの道は自ら切り開く、


独立自尊の精神と言うものが必要になってきます。



まず不動産投資で目標を明確にし、


自ら努力してやり遂げる姿勢を持ちましょう。



不動産投資のリスクや、自分が変化することを恐れず、


目をつぶって思い切りジャンプするしかありません。

 

思うとやるは全然違います。


現場で汗をかかないと何事も身につかないです。



しなければならないのは、飛び越えてみること、


精神的な飛躍です。


まずは行動に移してみることでしょう。




不動産投資(賃貸経営)で結果を出すには

なぜ経済的自由になるのは難しい(厳しい)のか、(収益物件(資源)の希少性)

不動産投資を始める人のリスク(リスクを覚悟する)

なぜ見てばかりで、物件を買えないのか

不動産投資の失敗を防ぐ


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1104
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク