サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居中の修繕 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居中の修繕

入居中の修繕について詳しく

 

 

 

 

修繕が必要となった場合には、入居者は、まず貸主や管理会社に連絡し、


早めの対応を求められますが、

 

エアコンの故障や排水管の目つまりといった、

 

入居中に生じたトラブルは、不動産会社か大家さんの、

 

どちらに言えばいいのかという問題が生じます。

 

 


結論から言えば、家主の自主管理なら家主に、

 

管理会社が入っていれば管理会社になりますが、


これは、家主と不動産会社の関係によっても違ってきます。

 

 

つまり、家主が物件の管理を不動産会社に委託している場合は、


不動産会社に連絡します。

 

さもなくば、不動産会社は入居付けの仲介だけをしている場合は、


基本的に修繕の連絡先は家主になります。

 


賃貸契約時にどっちに言うべきか確認しておきましょう。

 


修理費の負担は、契約書または、民法の規定に従います。

 


民法606条では、賃貸人の修理義務を明示しています。

 

 

修理費は建物構造部分である屋根、壁、土台などは、


賃貸人の負担になりますが、その他の小さな修繕については、


賃貸人自らが修繕義務を負うとされています。

 

 

入居するまでにその部屋に備え付けられていたものに対する修繕は、


貸主の負担で修理しなければなりませんし、入居時に新設されたものは、


基本的に入居者の負担で修理する必要があります。

 


例外的に、修繕費を負担していないことを見越して、


あらかじめ家賃を著しく低くしている場合には、


借主が修繕費用を負担することになります。

 

話を元に戻しますが、

 

借主に何かトラブルがあったとき、たとえば水道の故障とかは、


誰に言えばいいかという問題についてですが、


多くの人は部屋を仲介(斡旋)してくれた不動産会社に、


相談すればいいと考えがちですが、


実際は、部屋の所有者である貸主と不動産会社の関係によって、


借主が相談すべき相手は異なってきます。

 


つまり、物件には不動産会社に相談すべきものと、


大家さんに直接、申し出なければならないものがあるわけです。

 

 

不動産会社に相談すればいい賃貸住宅とは、


その不動産会社が貸主から仲介だけでなく、


入居後の管理まで任されている物件の場合です。

 

 

毎月の家賃を不動産会社に直接持参したり、


あるいは、不動産会社の口座に振り込んでいる場合は、


不動産会社が管理している物件だと考えていいでしょう。

 

 

したがって、修繕やトラブルの解決依頼をはじめ、


契約更新や引っ越しといったさまざまな申し出はすべて、


不動産会社に直接言って、さしつかえありません。

 

 

ただまあ、大家さんの口座に家賃を振り込んでいる場合でも、


不動産会社が管理している例外はありますが。

 


一方不動産会社は貸主から、入居者募集の仲介のみを受けているだけで、


入居後の管理運営まで任されていない物件、


この場合は、管理運営は貸主(大家)自身が行っていますので、


直接、大家さんに申し出るということになります。

 


さすがに、大家さんに言うのは気が引けるという方は、


仲介してもらった不動産会社に言って、それから、


大家さんに伝えてもらうこともできます。

 


サラリーマン大家としても、建物の修繕依頼を受ける場合、


直接、入居者から言われるよりも、

 

不動産会社を通して言われる方が、


お互い角が立たず、もめたりしないと思いますので、

 

その方が対処しやすいというのは本音です。

 

 

なので修繕や、クレーム処理などは、不動産会社を経由して、


言って欲しいわけです。

 


繰り返しになりますが、入居者が、


不動産会社は貸主から入居付けの仲介を依頼されているだけで、


入居後の管理運営は、貸主自身が行っているような賃貸住宅に、


入居した場合は、修繕依頼する相手は貸主(大家)になります。

 

 

契約更新などの申し出は、


基本的には借主が、直接貸主(大家)に対して行うことになりますが、

 

何も言わなければ自動更新になると思います。

 


もちろん、借主にしてみれば不動産会社を頼りにしたいと、


思うこともあるでしょうし、事実、貸主から入居の仲介だけしか、


頼まれていない不動産会社でも、借主からそうした相談があれば、


受け付けてくれるのが常識です。

 


しかし不動産会社としても、元々、大家さん自身が管理する物件は、

 

入居者が決まって、賃貸契約締結業務が終了してしまえば、


貸主と不動産会社との間には、

 

何ら法律上の関係は存在しなくなりますので、


たとえ、相談をしたとしても、

 

突っぱねられたとしても致し方がないわけです。

 

 

要は、入居の前に、自分が住むことになる住宅の管理形態が、


どのようなパターンであるのかを確認しておくことは必要なのです。

 

 

その上で何かあったときに、

 

不動産会社に対して申し出るということを、
 

申し出ておくか、了解してもらうようにしておけば、

 

急なトラブルが発生しても、

 

あわてずに対処することができると思います。

 

 

この点については、

 

貸主の方も、入居者からのいろいろな相談事は、
 

不動産会社を通したいと申し出ている大家さんが、

 

多くいるのも事実ですが、基本的に、

 

不動産会社に申し出ていただければ、善意な不動産会社なら、

 

仲介して伝言していただけると思います。

 

 






関連記事
一戸建を借りる費用(家賃7万円の一戸建てを借りる初期費用はいくら)

入居者からのクレーム対応と修繕態勢

入居中の修繕について

家(部屋)を借りる人特集


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1107
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク