サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


区分マンションの修繕費などの維持費について(費用は予想以上にかかる)。 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
区分マンションの修繕費などの維持費について(費用は予想以上にかかる)。
区分マンションの修繕費などの維持費(費用は予想以上にかかる)

 


区分マンションにかかる修繕費を大別すると、


マンション全体の修繕費と、


区分所有権付き建物にかかかわる修繕費とがあります。


 

マンション全体の修繕費は、


マンションの共有部分にかかわる、


修繕費などの維持費です。


 

月額一定額の支払いをしている管理費、


修繕積立金で賄われています。

 


区分マンションを取得し、オーナーになると、


その部屋を使用するか否かにかかわらず、


所有しているだけで、マンションの管理組合に、


管理費、修繕積立金を支払わなければなりません。


 

このマンションの管理費、修繕積立金は、


投資マンションの賃料が下落したり、


諸物価が下落している昨今でも横ばい、


もしくは、右あがりの傾向があり、


区分マンションの経営を圧迫しています。


 

区分所有権付き建物にかかかわる修繕費については、


設備機器の耐用年数などとの関係で、


マンション投資を行ってすぐに設備機器の修繕もしくは、


更新をしなければならない場合もあるわけですし。


 

設備機器が更新された後、あまり年数が経っていないタイミングで、


投資マンションを取得する場合もあります。

 


維持修繕費がかさむ設備機器で高価なものは、


ユニットバスの交換ですが、タイプによって違いますが、


60〜100万円程度かかりますし、


冷・暖房両用のヒートポンプの更新は、


専有面積の広さによって違いますが15〜35万円程度かかり、

 

電気温水器の更新(容量により異なりますが10〜15万円程度、


ユニットバスの修理する場合でも、浴室の混合水栓は、


10〜15年程度で交換目安になるでしょう。




浴室の混合水栓交換費用は(4〜6万円工事費込)になります。

 

ガス給湯器交換費用は(10〜15万円程度)かかります。

 

ガスコンロの更新3〜5万円程度かかってきます。



シングルレバー水栓(交換目安、10〜15年)で、


工事費込で3〜5万円程度。



大家さん自ら交換すれば、材料費1〜3万円程度で可能でしょう。

 

 

 

電気温水器とは、電気の力(ヒーター)を使い、


お湯を沸かすという給湯システムです。



昔からある電気式の給湯器の一つです

 

機器全体を更新するのではなく、


部品交換(メーカの都合で、おおむね7〜10年くらいで、


部品の供給を停止してしまう)で用が足りる場合でも、

 

作業をしてくれる人の出張料、交換部品代、技術料などで)、

 

少なくとも一案件あたり2〜3万円の請求書が送られてきます。

 

 

入居者が生活の本拠地として使用している部屋です。

 

マンションを賃貸することは、


物理的な空間を提供しているだけでなく、


入居者が快適に使用できる機能も含めて賃貸していることになります。



そのため、修繕費などの維持費、


覚悟しておかなくてはならないのですね。






マンション投資について

マンションリフォームの注意点

浴室のリフォーム費用を安く抑える

区分マンションの修繕費などの維持費について

RC鉄筋コンクリートマンションの維持費


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク