サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居者を募集するときに広告料を2か月分払うのですか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居者を募集するときに広告料を2か月分払うのですか
入居者を募集する時に、広告料は二か月分払うのですかについて





少子高齢化に伴う人口減少と、


賃貸物件の供給過剰で、


入居者募集時に払う広告費などの費用も、


増やさざるを得なくなっています。




本当は募集のために払うお金があるのなら、


物件のために使いたいものです。





そういう意味で不動産仲介会社は、


一社に決めないで、たくさんの仲介会社に、


同じ条件で、お願いに回ったほうがいいです。







物件の外回りをきれいにしたり、


内装を良くしたり、掃除をしたりして、 


物件を清潔に保つことが一番です。 



また、不具合は徹底的に直して、


後で苦情の来ない部屋にすることはもちろんです。





中身を良くして、家賃を相場より少し下げるという、 


質と価格の両面体制で行けば決まりやすくなります。


 


営業マンに謝礼やプレゼントを渡すよりも、


入居者を案内すれば、決まりやすい部屋にすることが、


最も効果的なプレゼントだと思います。





本当は物件が良ければ、営業マンが何もしなくても決まります。
 


誰でも1回案内すれば 決まる部屋に案内したいからです。




営業マンも決まりやすい物件には、


力を入れて勧めますのでそういう意味では物件力ですよね。


 

部屋に住むのは 大家でも、


不動産仲介会社の営業マンでもありません。




入居者本人ですので、不動産仲介会社の営業マンが、


いくら進めても入居者本人が気に入らなければ、


決まらないと考えるからです。




個性と良さが十分出ている部屋なら、


ひと昔前なら相場の家賃で募集すれば、


十分決まっていました。



今は、家賃以上の質が求められます。



さらに、仲介会社の営業マンの離職率が高いので、


継続的な付き合いは少なく、仲介会社との付き合いは、


一般的に入居者募集の時だけになることがほとんどです。



担当者は自社管理物件を優先しますので、


継続的取引ができない現状では、


担当者も案内すれば決まると思う物件でなければ、


積極的に動こうとしません。




広告費は2か月や3か月分入るところから優先して、


紹介していかざるを得なくなってきています。


 

部屋の良さで勝負できる物件は、募集時の広告料は、


一般的に一か月で行われていましたが、


インターネットでの募集が当たり前となった現在では、


2か月分が普通になってきています。



空室を埋めるには、部屋に設備投資をして、


質を良くして、広告料を2か月分提示して、


家賃を相場より少し下げて募集することが、


多くなっていますよね。



最終的には、家賃よりも価値が上だと思ってもらうことです。



質の良い物件を提供する方が長く住んでもらえるし、


質の良い入居者が得られ、不良入居者を遮断できます。



また一日も早く空室を埋めるためには、


フリーレントも取り入れることも得策です。



フリーレントはタダ貸しのことで、


引っ越しには、多額の費用がかかるので


初期負担を軽減するために、


一定期間の家賃を無料にすることです。




フリーレントは、一か月程度が普通です。




この程度の初期費用を工面できないようなら、


以前は、入居してもらわないほうが


いいと考える大家さんが多かったのです。


 

まぁ、広告料2か月払っても、内覧者が増えるだけであって 


中身を良くしなければ、契約に至る確率はあまり期待できません。




お客さんは総合的に判断しますので、


小手先のテクニックを駆使しても、


決まらない部屋は決まりません。



それでも、一般的に他の大家さんも、


広告費を2か月分負担するのが、当たり前になってきた昨今、


やらざるを得なくなってきています。










関連記事
女性が住まいを選ぶ際に特に気にすること

どんな入居希望者が部屋を探しているか

賃貸仲介会社への募集依頼の手法

入居者募集対策

入居者募集一般仲介のデメリット

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

入居者の質

空室対策の極意

入居者募集の失敗

入居者はどんなふうにして部屋を探しているのですか

入居者の募集の仕方(募集方法)

入居者を募集するときに広告料を2か月分払うのですか。

決まりやすいクラスの家賃と部屋

空き室がなぜ 埋まらないのだろうか?




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク