サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


火災報知器の設置が義務化 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
火災報知器の設置が義務化

火災報知器の設置が義務化あれこれ



 

賃貸住宅のリスクの一つに、建築基準法や消防法を守らずに、


死傷者が出れば、大家も訴えられることです。

 


その中でも、改正消防法が交付され、2006年6月から、


 
すべての住宅、アパート、共同住宅に火災報知器の設置が、



義務付けられています。

 


条文を読んでいくと、建築物の所有者、管理者や、占有者は、


設置しなければならないというくだりがたびたび出てきます。



住宅用火災報知器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、


そのもの単体で動作するものが一般的です。



住宅用火災報知器は、新築住宅については、


平成18年6月1日から義務つけられたのです。


 

既に建てられた既存住宅については、各市町村条例により、


設置義務化の期日が決められています。

 


住宅用火災報知器等とは 住宅における火災の発生を未然に感知し、


警報する警報器設備で次のようなものがあります。


 

集中監視型住宅用自動火災報知設備


これは、感知器、受信機、中継器などから構成される、


システムタイプの報知設備です。




住宅用火災報知機


これは、感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、


火災を感知した火災警報器だけが警報音を出します。


 

煙式警報知機


煙を感知して、火災の発生を警報音又は音声で 知らせるもので、


一般的にはこれを設置します.

 


費用は火災報知機の場合、1器当たり2000〜5000円です。


自分でも器具の取付はできます。



 

ちなみに、ご自分で取り付ける場合は、


部材のみの負担ですみますので、ホームセンターで購入すれば、


熱感知式が1000円から、煙感知式が2000円からで済みますね。


 

賃貸住宅の設置義務は大家、入居者どちらにもありますが、


基本的に、火災報知器は大家負担でつけたほうが、



後々問題も起こらないと思います。



ちなみに、火災報知器・火災警報器の寿命は10年程度と、


メーカーが発表しています。



寿命の理由は、火災を検地するセンサーに、


ホコリや自然損耗よる感度低下などがあるようですね。




ちなみに、電池式火災報知器の場合は電池が切れたときは、



電池が切れそうになると、音やランプで知らせてくれますので、



電池を交換する必要があることがわかります。



 

交換した住宅用火災警報器や電池は、市町村条例に基づいて、


廃棄する必要があります。




住宅用の火災報知器は電池式が9割以上になっています。





設置場所は、洋室、和室、寝室 階段回り、子供部屋、


キッチン、リビングなどが、考えられます。


 

賃貸物件は、大家負担で取り付けておくのが無難です。


 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク