サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


分離発注の弊害、問題点(分離発注は、大家さんが現場監督する必要がある) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
分離発注の弊害、問題点(分離発注は、大家さんが現場監督する必要がある)

分離発注の弊害、問題点(分離発注は、大家さんが現場監督する必要がある)あれこれ。

 

 



大規模のリフォームや、リノベーション、

 

コンバージョン、あるいは新築を建てる場合は、

 

企画から設計、施工、管理まですべてを、

 

業者や職人に、一括して任せてしまうのではないでしょう。

 

 


というのは、建物を建てる場合は、

 

ハウスメーカーや工務店に一括発注して、

 

全て出来上がるまで任せるのがほとんどです。

 


でも、どうせ実際に工事するのは、

 

ゼネコンやハウスメーカーではなく、大工さんであったり、

 

配管業者や電気屋さんであったりします。

 

 

つまり、一括発注しても、元請けの業者は、


下請け業者へ依頼して管理するだけだということで、


中間マージンを受けていますので、そこを排除すれば、


その分、安くできると考えるのが分離発注の考え方です。

 

 


このように分離発注は、大家さん自身で大工さんに直接依頼したり、


電気屋さんに直接依頼する形です。

 


建物を建てたり、コンバージョンや、リノベーションする場合は、

数多くの業者が出入りします。

 

工程別に段取りよく工事日程を調整しなければ、


現場に足を運んでも、手待ちになったりします。

 


現場の段取りや、連絡が上手くできていないと、


せっかく来た電気屋さんが、大工の下地工事を、


待たなければできないということが起こりがちます。

 

 


電気屋さんの工事が遅れると、

 

クロス屋さんの工事ができなかったり、


キッチンパネルを貼れなかったりします。

 

 

そうするとフローリング業者や、

 

最後に入るハウスクリーニング業者さんの、


仕事も遅れてきます。

 

 

現場の工事の微妙な進捗状況を見ながら、

 

それぞれの工事屋さんと打ち合わせして、

 

材料や職人さんを手際よく手配しないと、

 

どんどん工期が延びて割高になってきます。

 


職人の入る順番が一つ狂うと、せっかく作ったものを、


やり直すはめになったりします。

 

 

元々、現場監督というのは、かなり熟練した経験がものを言ってきます。

 

 

分離発注は、個々の工事は安くできるかもしれませんが、


素人大家さんには難しく、時間も取れないと思います。

 

原状回復工事や小規模リフォームをする場合や、


時間に余裕のある工事では分離発注は可能ですが、

 

新築や大規規模リノベーションではかえって手間取りますし、

 

結果的に費用も多くかかったりします。

 

 


ハウスメーカーや、工務店さんは、リフォームをしたり、

建物を建てたりするときは、いつも使っている職人が、

 

ほぼ決まっており、気心が知れております。




いい建物を造るためには、職人同士の現場でのチームワークや、

 

連帯感が重要です。

 

 

なので、それに反するような形で外部の人を連れてくると、


チームワークが乱れ、あまりよい結果を招きません。

 


それでもあえてするなら、自分の知り合いが電気屋さんだから、

 

電気工事だけは、自分の知り合いに依頼するとか、

 

照明器具だけホームセンターで安く仕入れるとか、

 

洋室一室だけは自分で壁紙を貼り替えるとか、

 

親戚がサッシメーカーに勤めているので、


サッシだけはそこのメーカーを使ってほしいといったような方法で、

 

部分的にコストダウンを考える程度にとどめておくべきだと思います。

 


どうしても費用を抑えたいのなら、

 

自分で安く取り寄せた材料を提供してそれを使って、

 

工事職人にをやってもらうのがいいと思います。

 

 





関連記事
新築アパート経営は失敗になる可能性がある


アパート建設、分離発注にチャレンジする  


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク