サラリーマン大家さんで豊になろう


マンション建設費はいくらかかる、概算コスト計算 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マンション建設費はいくらかかる、概算コスト計算

マンション建設費はいくらかかる、概算コスト計算について

 

 

 

 

このサイトの一番の人気記事は、マンション関係で、


マンション建設費はいくら、概算コストについてになっています。

 

 

 

さて、マンション建設ですが、


自分の好みのプランで建築でき、


入居付けがしやすく、


築後10位までは修繕費がほとんどかからない。

 


といったことで、RCに関心が集まっており、

 

RCを建てる人が増えています。

 

 

マンションを建てる場合、単身者用なら、1K、1DK、


新婚用なら2DKというふうに決めて建てるのが一般的ですが、


土地利用も必然的に間取りに合わせる形になります。

 


敷地に余裕がないからといって1DKと2DKなど、


いろいろ組み合わせたのでは、


建築コストはもちろん管理面でもコスト高になるため、


どちらかに統一したものをつくることが多いですね。

 


一般的に賃貸マンション建設の場合は、突飛な間取りや、


外観はあまり考えられません。

 

 

マンション建設の坪単価は70〜80万円が一般的です。

 


1平方メートル当たりで20〜30万円といったところでしょうか。

 


金額はそのマンションの土地の有効利用率


グレード、構造、建て方、設備、


規模(戸数)、敷地状の形状、階数によって変わってきます。

 


住居の広さも、1K〜3LDK位といろいろあります。

 


一般的に、


1K、 20〜25平方メートル、


1DK、 30平方メートル、


1LDK、2DK、35平方メートル、


2LDK、3DK、 40平方メートル


3LDK、50平方メートル前後になります。

 

 

 

とすると1住戸当たりの概算の建築費は、

 

 

 

1K、 550〜700万円


1DK、 650〜850万円


2DK、1LDK、 750〜1000万円


3DK、2LDK 850〜1150万円


3LDK、1000〜1400前後

 


といったところでしょう。

 

 

これに戸数を掛けたものが、

 

マンションの総工事費となりますね。

 

 

 

 


これでどのタイプのものを何戸つくるかで、


いくらの資金が必要かという目安を立てることが出来ます。

 

 

例えば、土地の面積が決まっている関係上、


25平米の1Kなら10戸配置が可能でも、


50平米の3DKなら5戸になってきます。

 


もっとも、広さだけで工事単価を決めることはできませんが、


一般的に1Kや1DKは、3DKや3LDKに比べて、


電気、水回り設備や壁面積の相違から高くつき、


目安としては3DK5戸の場合、


1DK10戸に比べて、


居室面積の割合が高くなるために、


工事費は8割程度に収まると言われます。

 

 

 

 


逆に、家賃収入は1K10戸の方が、


3DK5戸より多く得られるので、


全体として、諸経費を含めた必要経費+工事代と、


収入面のバランスで見る必要があります

 

 

 

 

土地の形状から共用スペースの配置を、


考える必要があります。

 

 

 

建物本体の建築費とは別に必要な別途工事費は、


たとえば、一般住宅でいうと庭や門、


塀などを作る出費があります。

 

 

 

この費用はマンション工事でも必要で、


たとえば、車を持つ世帯のために駐車場をつくると、


その費用がかかりますし、


門扉や造園、ガス、水道などの設備費用、水道負担金、


また建築事務所に設計を依頼して建てたときは、


設計料が必要になります。

 

 

 

その他、インターネット接続、テレビアンテナ設置費用、


さらには税金なども含めて考える必要がありますね。

 


一般的に一番安い建築費は木造ですが、


それでも最近は建築費が上がって来ているため、


都会では、坪単価75万円以上といわれるようになっています。

 

RCはやはり、木造よりは高くなるはずですよね。

 

また、ハウスメーカーの2階建て10戸の軽量鉄骨アパートなどは、


広告費、営業経費が載せられるために坪85万円が相場のようです。

 


しかし、RCマンションの建設費は、


ハウスメーカーの規格品でないために、


土地に合わせて建築設計ができ、自分の好みに設計でき、


そのために、工事費は下げることができるという柔軟性があるのです。

 


我が国は水と土砂が豊富であるために、


建築会社の技量で、単価を下げられる可能性があります。

 


賃貸物件は採算を追求しなければなりませんので、


いくらでも建築費にかけることはできません。

 

 

建築会社によっては、RC3階建ての坪単価が65万円で、


計画できるところもありますね。

 

建築会社によっては、建築費が高価だと思われがちなRCが、


木造より安くできることさえあるのです。

 

 

しかし、この中にはエレベーターの工事費が含んでいない可能性があり、


エレベーター費用まで含めれば坪80万円は超えてくるものと思われます。

 

 

 

マンション建設の場合、共用スペース(階段と廊下)と、


エレベーターが必要になるのが、一戸建と違う点です。

 

 

 

一般的にエレベーターの費用ですが、


一戸建てにつけるホームエレベータや、


規模の小さいマンションにつけられている、


小規模なエレベーターなどは、


一基当たり、350万程度で設置されています。

 

 


エレベーターには、油圧式とロープ式があって、


油圧式は作動油の圧力制御で動かすもので、


ロープ式はワイヤーロープで巻き取って動かしますが、


どちらも同じくらいの費用はしてきます。

 

 

例えば、ロープ式ですと、


巻上機、シャフト、ガイドレール、


インバーター(マイコン制御)、


カゴ、制御盤などで構成されています。

 

 

 

まぁ、エレベーターを設置する場合は、


エレベーターを取り付ける躯体である枠組みが、


必要になってきますので、


その費用が50〜100万円程度見ておく必要があります。

 

 

したがって、7〜8階ぐらいまでの賃貸マンションや、

 

分譲マンションであっても、小規模なマンションの場合では、


エレベーター設置費用は、


総額で1,000万円ぐらいかかってきます。

 

 


10階以上の分譲マンションや、


高層マンションのエレベーターの設置費用は、

 

一基当たりで2,000〜3,000万円ぐらいはかかっています。

 

 


さて、融資を受ける際は、銀行が建物の価格で、


一般的に使う単価は、鉄筋コンクリートの場合、


平米あたり15万円を新築時の価格として、


融資の評価を出します。

 


なので融資を受けてマンションを建てる場合は、


銀行は平米あたり15万円前後をRCマンションの、


融資の目安にしています。

 

 

ちなみに中古マンションなら、実際の取引事例から、


価格が妥当であるかどうかが判断できます。

 


区分所有で売りに出されている事例を参考にすると、


たとえば東大阪市の場合、駅徒歩10分、築20年の、


ワンルームマンション一戸が、300万円を切るくらいで探せます。

 


そうすると一棟もので、築20年のワンルーム10戸の物件なら、


3000万円(300万円×10=3000万円)が目安になります。

 


このように、土地付き一棟もの価格が取引事例比較法で、


チェックできるのです。

 


建物の場合は、減価償却されますので、


その建物の構造と築年数によって法定耐用年数が決まっており、


新築時の評価額から毎年、一定額の減価償却分を、


差し引いていくことで求めることができますね。

 


したがって、現在価格から、20年分の減価分をプラスすれば、


建物の新築価格が出せるのですね。

 

コンクリート造は地震に強く耐久性があり、


防音断熱にすぐれており規格品のプレハブ工法と違って、


土地に合わせて自由につくれます。

 


マンション経営を続けていくためには、


賃貸収入の一部を積み立てて、


適切な時期に修繕を心がける必要があります。

 

この費用の目安として、一戸あたりにして、


年間12万円(毎月1万円)程度の、


修繕費を積み立てておく必要があるだろうし、最終的には、


建物はいずれ老朽化して使えなくなっていきますから、


建物を新しく建て替えなければならなくなります。

 


そこで、最初に建てた建物を償却していくときに、


減価償却費として計上した分を、修繕積立金とは別に、


毎年積み立てておけば、


耐用年数が尽きて、その建物が朽ち果てたときに、


新しく建て替えるだけのお金が貯まっているはずです。

 


これは、当然、マンションを購入して、


経営を始めた場合にも言えることです。

 


一方、建物の償却分を積み立てていかなかったら、


建物が朽ち果ててきて、修繕したり、建て直そうと思っても、


お金を貯めていませんから、また銀行から借り入れなければ、


建て替えることができなくなりますよね。


スポンサーリンク



新築マンション経営のリスクはどこにあるのだろうか

 

 

一言でいえば新築マンション経営のリスクは、設備の老朽化です。

 

 

キッチン、ユニットバス、換気フードなどの設備、水回りの造作、


これらの躯体以外の設備の耐用年数は以外と短いというのがあります。

 


物件の構造を考えるときは、


木造22年、鉄骨34年、RCは47年で考えますが、


設備の耐用年数は、


木造、鉄骨、RC、どれも、


同じぐらいで老朽化します。

 


マンション本体の法定耐用年数47年に比べれば、


設備の耐用年数は最長15年と、


老朽化は著しく短いもので、


これなどはどの構造でも同じで、


耐用年数経過後は老朽化した設備を、


取り換えなければならないようになります。

 

 

 

コンクリート造りの特徴は、丈夫で長く使えること、


外壁にタイルを貼れば汚れが目立たず、


100年もつ賃貸住宅にもなりますし、


木造であっても100年住宅はあります。

 


ところがそんな建物でも、


水回りの造作や内部設備は、


老朽化するスピードは、


思いのほか早いわけです。

 

 

当然、構造によって建物の耐用年数は異なりますが、


これらに共通することは、


設備の老朽化は、木造も鉄骨もRCも、


同じ速さで劣化するという問題があることです。

 


一般的に木造アパートの場合、躯体の老朽化と、


設備の老朽化は同じ位で進みますが、


RCは建物の耐用年数が尽きるまで、


3回の設備の取り換えが必要だとなります。

 


木造は設備が劣化する、そのころから、建物の、


メンテナンスに費用がかかってきますが、

 

 

RCは、躯体自体は丈夫で老朽化は遅く進みますが、


内部設備や水回りの造作などの設備は、


木造もRCと同じです。

 

 

 

躯体は、10〜15年に一度の外壁塗り替えなどの、


大規模修繕を実施すれば、


いくらでも、建物の耐用年数は伸ばせますが、


どんな立派な高級マンションであっても、


設備の老朽化や造作の陳腐化は避けられません。

 

 

 

こういったことは、外観では判断しにくい問題ですが、


リスクとして考えておく必要があります。


スポンサーリンク



関連記事

初めてアパートを建てて不動産経営をする人とすでに賃貸経営をしている人の違い

 

一棟マンションの大規模修繕はいくら積み立てるか
 

アパート、マンションの工事期間、 工事遅れのトラブル


マンションを建てて賃貸するって儲かるのか

 

土地から購入して新築RCマンションを建てるメリット  

3階建てマンション建設の収支(実際に得られるキャッシュフロー)

 

減価償却費用分を毎年積み立てることができるぐらいの収益力がなければ賃貸経営はうまくいかない

アパート建築費の建物構造別比較

 

大規模修繕積立金はいくら積み立てるか

RC一棟 新築

 

一棟マンションとアパートの違い(一棟マンションとアパートどちらが儲かる)

アパート建築費はいくらかかる(1棟4室の長屋形式のアパートの場合)

アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)

マンション建設費はいくらかかる、(概算)コスト計算

3階建てアパート(マンション)建設費用はいくらかかるか

 

100坪の土地があるのなら3階建ての木造アパートを建てる

アパート建築費用の仕訳(アパート建設中の工事費支払いの会計処理)

 

アパートを建てて貸すアパート事業は、ビジネスとして成り立つのか

 

アパートを建てる場合の資金繰り

 

RC物件が売られる理由

 

重量鉄骨でアパート、マンションを建てる

 

ハウスメーカーの鉄筋コンクリートマンション

 

土地の購入を先に行う(土地さえ用意できれば新築は建つ)

 

 


スポンサーリンク



確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2016/10/07 5:50 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1194

スポンサーリンク


コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

AX