サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なぜ、土地の有効活用は難しいのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なぜ、土地の有効活用は難しいのか

なぜ、土地の有効活用は難しいのかあれこれ

 

 


土地の有効活用は考えようによっては、とても難しいものです。

 


その理由は、その土地に資金を投入してアパートを建てると、


投資した資金を回収しなければならないからです。

 


なので、土地からキャッシュフローを得ることは、


難しいということになります。

 

 

と言うのは、持っている土地は今のままでいいのか、

 

アパート・マンションを建てたほうがいいのか、

 

借金をして建物を建てても、果たして埋まるのか、

 

入居者がいなくてお金が入らないとなれば、アパートを建てずに、

 

初めから駐車場として貸したほうがいいのではないか、

 

また、そのまま土地だけを、


人に貸した方が安心ではないか、


などといろいろなことを考えてしまいます。

 

 

いくら考えても結局、どうしたらいいのか、


自分で判断しかねることになりかねません。

 


いろいろなお金の出入りがあれば、


面倒な計算をしなくてはいけないし、


ましてや税制や、法律についてはほとんどわからない状態では、


有効活用することに躊躇するのは当然です。

 

 

というわけで、土地の有効活用は本当に難しいのです。

 

なまじ土地があるばかりに、いかに土地から収益を上げるかを、


考えなければなりません。

 

土地活用には、初期資金を用意しなければなりませんので、


リスクが大きい部分があります。

 


かといって、土地を所有していると、相続税がかかりますし、


固定資産税や、都市計画税がかかってきます。

 

そのため、土地の収益アップを図る必要があるわけです。

 

難しいのは、この土地の収益アップを図ろうとしてお金を、


投資するからです。

 

 

ところが、思ったように投資の見返りが得られないと、


投資したお金が回収できなかったり、


借りた資金が返済できなくなります。

 


これが土地活用に伴うリスクです。

 


アパートを建てて賃料収入を得るとなると、

 

建築費などそれなりの投資が必要です。

 


事前によく調査して、収益が得られるだけの家賃をもらっていても、


部屋がいつまでも埋まるとは限らないというリスクがあります。

 

 

多くの土地所有者は、土地の有効活用を図って節税するために、


借金をして、アパート・マンションを建てて不動産の評価額を下げ、


相続税額を抑えるという節税行為を先行して行って、


相続が終了した時点で、アパート・マンションを売却すれば、


相続税が少なくなるうえ、

 

売却益が得られるということを考えるのですが、


ところが思ったような額では売れず、その結果、赤字で

 

アパート経営の失敗というジレンマに陥ってしまうのです。

 


土地の有効活用が難しい原因は、借り手市場が到来したからです。

 

 

この借り手市場に影響するのが需要と供給の関係です。

 

 

アパートを建てるのなら少なくとも、

 

供給数よりも需要のあるところでないと難しいのです。

 

 

また、10年ぐらいすると、

 

建物の劣化という問題にも直面するのです。

 

 

そうするとリフォーム費用を、

 

工面しなければならなくなるのです。

 

 

リフォームしなければ、入居者が得られずに、

 

入居者は退去していくのですね。

 

 

この辺も有効活用の難しさに直結します。





関連記事
アパートを建てるか、コンビニを建てるか

 

等価交換(土地とマンション交換)なぜ等価交換なら減価償却費がかからないの

新築アパート建設ローン(申し込みと審査)

なぜ、土地の有効活用は難しいのか

なぜ建設協力金で店舗を建てたがるのか

等価交換方式のメリット、デメリット

アパート経営の失敗

 

アパート建設、分離発注にチャレンジする  

 

なぜ土地があっても失敗するのか

新築アパート経営は失敗になる可能性がある

 

アパートを建てる場合の資金繰り

ハウスメーカーのアパート建設の落とし穴

土地有効活用について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク