サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


サービス付き高齢者向け住宅(経営)は、自己資金が少なくても始められる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
サービス付き高齢者向け住宅(経営)は、自己資金が少なくても始められる

サービス付き高齢者向け住宅(経営)は、自己資金が少なくても始められるあれこれ

 


土地を持っている人や、将来に備えて新たな投資を始めたい人、

 

サービス付き高齢者向け住宅建設を始めてみてはどうでしょうか。




サービス付き高齢者向け住宅の方が、

 

普通のアパートマンション経営よりは需要が多いのです。

 

 

これは、

 

独居老人や、高齢者のみの世帯での老々介護が、

 

急速に増加しているためです。

 


超高齢社会に突入しているにも関わらず、現在のところ、


高齢者に対応できる住宅整備は全く追いついていません。

 


介護を受けられ、年金生活者でも暮らしていける住宅が、

 

サービス付き高齢者向け住宅ということになるのです。

 

 

高齢者向け住宅のニーズは、

 

日本のどの地域でも確実に高まっています。

 

 

平成23年4月の法改正を受けて、10月から施工された、


改正高齢者住まい法により、高優賃、高専賃などが、


サービス付き高齢者向け住宅に一本化され、


国または地方自治体から最大で総事業費の10%という補助金が、


受けられるようになったので、他の不動産投資に比べて、


自己資金が少なくても始められるのですね。

 


また、サービス付き高齢者向け住宅は、

税制上の軽減措置が受けられるメリットがあるのです。

 

現時点では、平成27年3月31日までの建設についての、


特例措置とされていますが、所得税、法人税、固定資産税が、


いずれも5年間、さらに不動産取得税も軽減されます。

 

入居者の状況によって、家賃を減額した場合、


自治体から補助金が支払われますので、

 

家賃未納などのリスクも低減されるわけです。

 

 

アパートなどを建設する場合は、家賃だけが収入になりますが、


サービス付き高齢者向け住宅では、サービスに対する報酬も、


得ることができるのですね。

 


一般的な賃貸アパートを建設する場合、


一戸(40平方メートル)当たりにかかる建設費は、


500万円程度ですが、サービス付き高齢者向け住宅では


住宅一戸当たりのコストですが、さすがにバリアフリーにするため、

 

少し高く、目安は一戸当たり850万円です。





建てようとするときに、相見積りを取ったり、


分離発注をして建設費を抑えることも大事ですが、


それでも、坪単価70万円位になってくるのです。




しかし、補助金を活用すれば、自己資金は少なくて済み、


建設費も抑えられますので、利回りもアップします。


 

この補助金があるために、サービス付き高齢者向け住宅は、


他のアパート建設と比較すると自己資金が少なくても、


始められるという大きなメリットになるのです。

 


補助金申請の、登録や認定が受けられれば、

 

事業開始時には、建設資金のかなりの部分を、

 

補助金で賄えることになり、これが大きな魅力ですね



日本では現在、高齢者向け賃貸事業は、


一時金が数百万円から数千万円する金持ち向け高級老人ホームと、


食事代と家賃をあわせると最低でも、


月に十数万円必要な小金持ちの高齢住宅しかありません。

 

なぜか、これの理由は2つあります。

 


建物が高くなることと、入居する高齢者の人たちへの食事や、

 

介護のサービス料金が高いためです。
 


これらのコストを下げ、普通のお年寄りや、


生活保護を受けている人でも支払い可能な家賃で入れるものを作れば、


お年寄りの問題を解決してあげることが出来るのです。

 

 

社会的に意義があるのです。

 


そして同時に、一気にこのマーケットの覇者になることが可能になります。

 

具体的な事業モデルとして入居者の負担を上げておきます。

 

入居者の負担は、=91,000

 

内訳 (家賃月額、30,000 、共益費月額 25,000、


給食費月額 35,000 生活サービス 1,000)になります。

 

 

月額90,000というのは、特別養護老人ホームに入所したのと、


ほぼ同額でしょう。


特別養護老人ホームは、国の補助金で安く入所できますが、


数が不足し、倍率も高く、入りたいのに入れない入所待機者が、


全国に33万9千人もいます。

 

又大都市の生活保護支給額は概ね90,000円です。

 

生活保護を受けている人でも支払える金額です。

 


月90,000円なら、ほぼすべての高齢者にいきわたる計算です。

 

 








デイサービス賃貸経営、デイサービスなら初心者でも経営できる

高齢者夫婦世帯の貸家、高齢者の住宅

家賃を下げても決まらないとき(高齢者にターゲットに向けた住宅)

サービス付き高齢者向け住宅(経営)は、自己資金が少なくても始められる

 

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業と新たな住宅セーフティネット制度

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1199
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク