サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


戸建賃貸住宅の建築費用 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
戸建賃貸住宅の建築費用

戸建賃貸住宅の建築費用について

 

 

 

戸建賃貸が入居者確保の点で優位に立てるのですが、


いくら土地があるからと言っても、


収支が合わないほど建築費を掛けないことです。

 


デザインもさることながら、従来の集合住宅にない空間で、


普通の一戸建と差別化して戦う必要があります。

 

 


失敗しない戸建て賃貸住宅の建築法ですが、

 


まず延床面積から考える必要があります。

 


持ち家の場合は、平均延床面積は、32坪(地方)となっています。


賃貸住宅でも、将来売却するという出口戦略を考えて、


建てることが大事ですので、20坪程度は必要です。

 

 

建築価格は20坪で外溝と給排水を含め、


750万円位に抑える必要があります。

 

 

 

ハウスメーカーや工務店では建築費用として、


坪単価で言えば、坪35〜40万円程度かかります。

 

 

 

というわけで、18坪の2LDKで700〜720万円、


22坪の3LDKで750〜780万円、ということになります。

 

一般的に新築戸建費用として750万ぐらいになってきます。

 

 


地方のアパート・マンションは大きくても18坪(約60平方メートル)の


2LDK、もしくは3DKで家賃の上限は7万円が限度です。

 

戸建なら20坪ぐらいの家賃は、それ以上は確実です。

 


初期投資をかけず、どこまで費用を抑えるかが肝心ですので、


棟数を増やして、一戸当たりの工事費を下げることも得策です。

 

 

注意する必要があるのは、戸建賃貸市場でも、


他のライバルと同じような物件企画では決して勝てません。

 

基本的な戦略は、その土地で、ライバル物件との力加減を見極めながら、

 

地域一番だという口コミを広げ、早くから入居者獲得を行うことです。

 

家賃を下げないで入居者を獲得し、住み続けてもらって、


長期安定経営を続けるためには、企画が大事です。

 

駐車スペースは、最低2台確保します。

 

特に地方でも、2台の駐車場がないと勝てません。


駐車スペースを含めた空間の配置が、


入居者を獲得する上で大きなアピールになります。

 






関連記事
1戸建て貸家を500万円で建てる

 

破綻のリスクがない一戸建て投資

アパート建設と戸建建設違う点

新築の一戸建て賃貸

戸建て住宅の賃貸経営

戸建賃貸住宅の建築費用

一戸建てを賃貸の落とし穴、失敗

一戸建てを賃貸のデメリット

一戸建て賃貸について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1200
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク