サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産事業をすることで裕福になる仕組み | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産事業をすることで裕福になる仕組み

不動産事業をすることで裕福になる仕組みについて


 

不動産事業によって、裕福になるのは、


資産が築かれて、キャッシュが得られるからです。



一つの収益不動産からの家賃収入で、そのすべての経費を賄い、


いくらかは手元に残すというのが、不動産投資の大原則ですが、

 

アパート事業によって資産を築く仕組みとは、

そのアパートからもたらされる家賃収入によって、


借入金の返済するということです。


 

つまり、借入金の金利の返済のみでは、資産は増えませんが、


元金も返済できるところに、資産形成の鍵があるわけです。


 

借入金の元金を、返済していくということは、


自動的に、貯金をしているのと同じことになります。

 


さらに不動産投資では、毎月の家賃収入から借入金を返済し、


固定資産税などの、経費を支払った後、


さらに手元に、キャッシュが残る仕組みが手に入れられます。

 

これはもうひとりの労働力を、手に入れたのと同じことになります。

 


これは不労所得の仕組みです。

 

そしてこの資産形成の仕組みが、


金融機関からの借入という他人の資金を、


利用することによって得られるところに、


不動産投資の大きな特徴があります。





これは株式や、FX、投資信託など、


どのような投資手段でも不可能なことです。




賃貸事業をすることによって、


利益が得られ、純資産が増え、


キャッシュフローが得られるという、


つまり、3つのことを同時に得られるのは、


不動産事業以外にはないわけです。



しかも不動産事業には、軌道に乗れば、


手間暇がかからないというおまけまで付いています。





富裕層の所得構成と総合課税

不動産事業をすることで裕福になる仕組み




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク