サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


戸建賃貸の将来性 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
戸建賃貸の将来性
戸建賃貸の将来性性あれこれ

 


民間アパートに住んでいる人が、過去5年間に、


どこに住み替えたいかの質問に、


ほとんどの人は、一戸建賃貸住宅と答えています。

 

ということは、これからの賃貸事業は戸建てタイプに、


なっていくのではないでしょうか。

 

そういえば、地方都市では最近、2階建のアパートに交じって、


戸建賃貸というスタイルの貸家が増えています。

 


一戸建タイプであれば、音の問題も解決できますし、

 

階の上下左右の人に気を使うこともなくなります。

 


車も自宅前に止めることが出来ますし、


庭に花を植えたり、ペットだって飼えます。

 


貸家の需要はすごく多く、今まで貸家として出てくるのは、


転勤などの事情で住めなくなったとか、狭くなったり、


古くなったために、住み替えるという物件しかありませんでした。

 


こういう物件は、たいてい古いものが多く、


さほど魅力がある物件ではなかったのです。

 

ところが今、築20年ぐらいたった家で、


新築同然にリフォームされた戸建住宅には、


入居者が殺到しているのです。

 


又、新築の戸建賃貸住宅にも入居者が殺到しています。

 

戸建賃貸の欠点として、今まで建築コストが高くて、


利回り的に、投資対象になりにくかったのですが、


ハウスメーカーが、一戸当たり700〜1000万円の、


戸建て賃貸物件を建てているのです。

 

土地を持っている地主の方や、遊休地の活用であれば、


実質15%近い利回りで回すことも可能ですし、


土地から買って投資する場合でも、安い土地さえ探せば、


実質10%程度の利回りは可能です。


 

一戸建てなら、アパート建築は高くて、


手が出せないというサラリーマンでも、


不動産投資を簡単に始められるはずです。

 


まあ一戸建ですと、将来、自分が住むこともできますし、


土地付き中古住宅として売却することも可能です。

 


日本の人口は、急激に減少していきますし、


入居者の立場になって考えていくと、


今後は、新築同然にリフォームされた戸建賃貸や、


新築の戸建を供給していくスタイルに、


賃貸事業も、変化していくと思います。

 

入居希望者は住みたい地域や、子供の校区が同じで、


プライバシーを重視した、マイホームという感覚で探しています。

 

戸建賃貸なら、お客さんにも満足していただいて、


大家さんも将来の出口戦略を明確に立てることができ、


住宅メーカーも潤うことができる三方両得の関係が、


構築できるのです。





アパート経営か一戸建て経営か

戸建て住宅の賃貸経営

戸建賃貸の将来性

中古住宅で儲けるためには





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク