サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家を探す(借りる)には、公的賃貸住宅が良いか民間賃貸住宅が良いか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家を探す(借りる)には、公的賃貸住宅が良いか民間賃貸住宅が良いか
家を探す(借りる)には、公的賃貸住宅が良いか民間賃貸住宅が良いか)あれこれ

 


公的な賃貸住宅は、民間住宅を経営する大家さんにとっては、


ライバルになるのですが、民間住宅に比べて様々な点で勝っています。

 


そのため、空室が少なく、倍率が高く、


なかなか入居できないというのがあります。

 


公的な賃貸住宅は、各自治体が運営している県営住宅、市営住宅と

 

独立行政法人の都市再生機構が運営している、UR賃貸住宅(旧公団住宅)、

 

さらに、住宅供給公社などの公社が運営する公社住宅といったものがあります。

 

 

公的な賃貸住宅の特徴は、正直に言って古い物件が多いのですが、

 

その分家賃が安く、手数料や更新料がいらないなどのメリットがあります。


 

なので、空室になることが少なく、人気の物件は、


抽選倍率も高く、簡単に入居できないという難点があります。


 

一方、都市部では昭和40〜50年代に建てられた物件の建て替えが、


今、急ピッチで行われています。


公的住宅のなかで、県営住宅、市営住宅(各自治体が運営している)は、


所得制限があって、一定以上の所得のある人は入れません。

 

反対に、UR賃貸住宅(UR賃貸住宅は旧公団住宅のことです)や、


公社住宅は、一定以上の所得がある人を対象としています。


 

ということで、公営住宅は、所得制限があるのですが、


住居は、ファミリー向けがほとんどになっています。

 

そして、応募者が多く、抽選となるため簡単には入居できません。

 

なので、公的な賃貸住宅を希望するなら、UR賃貸住宅や公社住宅を、


検討してみることを推薦します。



UR賃貸住宅や公社住宅もやはり、ファミリー向けが多いため、


単身者にはなじみが薄いですが、しかし、


中には、単身者が入居できる住宅や、学生向き住宅もあります。

 

比較的新しい住宅の家賃は、民間とあまり大差はないですが、


古い物件は、全体的に家賃が安めで、比較的狙い目です。

 

入居条件さえクリアすれば、ほとんどの住宅に、


単身者でも入居できるようになっています。

 


募集から入居までの流れは、各団体によって異なりますが、


募集時期は大体、年数回で、決まった時期に募集が行われています。


 

募集方法は、各団体の関係各所で、無料配布される募集案内を入手し、

 

付属の申込書に、必要事項を記載して申し込みます。

 


ここで、応募者多数の場合は、公開で抽選されます。

 

当選したら、資格証明書類をそろえたうえで審査を受けます。

 


審査に合格したら、希望の住宅に空きがなければ、


空家待ちとなります。




空家待ちは、数か月から一年以上になることもあります。

 

公的住宅を希望するのなら、募集時期を調べて、


その時期に配布される募集案内や、申込書を入手しましょう。

 

募集は一年に数回行われています。

 


入居までの期間がはっきりしませんので、


余裕を持って探す必要があります。



あるいは、民間住宅に住んで、当選するまで、


応募し続けるという人もいます。


 

まあ、当選するまでの期間は、1回で当選することはまれで、


上手くいけば、1〜2回で当選する人もいますが、


当選するまで2〜3年は普通で、


中には10年も待ち続けている人もいます。

 


しかし、地域にこだわらない人は、


時期に関係なく何回も応募したりする人もいますし、


中には、先着順受付にしている物件もあります。

 

 

もっとも、公的な住宅は長く住む人が多く、うまく活用している人は、

 

若い単身者や若い夫婦が、公的住宅で、家賃を節約して貯蓄に回し、

 

将来、家を買うための準備期間として住むには適しており、


実際、公的住宅での退去理由として最も多いのは、


家を買ったので、引っ越すということになっています。


 

公営住宅や公的住宅のメリットは、


法律上、敷金はいくらか必要ですが、礼金や更新料や、


仲介手数料などがかからないことですね。

 


もっとも、敷金も退去時に清算されて戻ってきますから、


民間の賃貸住宅と比べれば、実際の支出はかなり少なくすみます。

 


公営住宅や公的住宅の募集形態は、地域によっても、


各運営母体によっても違いますし、 


賃貸住宅の数によって、募集条件も違ってきます。

 

例えば、東京都住宅供給公社の場合は、


賃貸住宅はたくさんあるのですが、


応募倍率が高く、なかなか入居出来ないのですが、一方、


郊外の公社では空が多く、いつでも入居できるところが結構ありますよ。

 

もっと言えば、公的な住宅は、入居者の収入に応じて、


優遇サービスがあります。


と言いますのは、


公営住宅は、入居者の収入に応じた家賃にする決まりになっているわけです。



住宅供給公社でも、特定優良賃貸住宅という各都道府県などの制度で、


建てられた住宅の入居者募集をしています。

 

仕組みとしては、入居者の収入に応じて都道府県などから、


数千円から数万円の家賃補助が、受けられるというものです。



ただし、今のところ、ファミリー向けの住宅がほとんどです。

 


さらに公営住宅や、公的住宅の優れている点は、


入居者の負担なしで、定期的に建物が修繕されている点です。

 

民間賃貸住宅の中には、大家さんの都合によって、


修繕が全く実施されていないという建物もありますが、

 

公的住宅は、最低限の修繕や、改修が定期的に行われています。



特に公的な住宅は、古い物件も多く、


定期修繕計画が盛り込まれています。



そして、建て替えが決まった場合でも、


借り住まいの世話や、立ち退きの場合の補償金など、


破格の補償が用意されています。



さらに、建て替え後の新居の家賃が、


新しく入る入居者よりも安くなることがほとんどです。

 

 

又、公的な住宅は、高齢者も安心して住めるようになっています。


 

都道府県によっては、高齢者に限って、


単身での入居を認めているところがたくさんありますね。


 

まあ公的住宅も、民間住宅であってもどちらも質の良い住宅は、


最後に入居者に選ばれるものですね。




UR賃貸住宅や公社住宅の、入居条件(基準)は、

各運営母体の判断による部分が多いので、

自分の住むたいエリアの都市再生機構に確認する必要があります。







賃貸業は民間と公的住宅どちらがいいのか

公団、公営住宅(都営住宅、市営住宅、県営住宅)申込み方法、抽選

一戸建を借りる初期費用はいくらかかる

家を探す(借りる)には、公的賃貸住宅か民間賃貸住宅が良いか

家(部屋)を借りる人あれこれ


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク