サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資のリスク対策は、ローン残債のない物件を作ること | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資のリスク対策は、ローン残債のない物件を作ること
不動産投資のリスク対策は、ローン残債のない物件をつくることについて

 


運よく、売値と積算価格にあまり差がない物件が見つかると、


フルローンが出そうだとなると、


キャッシュフローを確認します。

 

フルローンでその物件を買った場合、

 

毎月の賃料収入から管理手数料、ローン返済額、


固定資産税などを差し引いた残りが、


黒字になるかどうかです。

 

RCは、長期の融資期間をとれるため、

 

キャッシュフローを生みやすいという最大の利点を持っています。



一般的に不動産投資は、長期の融資を抱えるリスクを指摘されます。

 

逆に、短期間の不動産融資では、そのリスクが軽減されている反面、


返済期限中に入居率が急減した場合に、


キャッシュフローが生みにくいものです。



なので、リスクはどちらにもありますね。

 

ローン期間とキャッシュフローの関係はトレードオフの関係です。

 


ローン期間が短く、なおかつキャッシュフローを潤沢に生む物件は、


現実的に存在しないものです。



売主もそういう物件なら手放さないでしょう。

 


対策として、キャッシュフローからの繰り上げ返済を行い、


残債のない物件を得るまでの期間を、短縮することで、


リスクは防げます。


 


繰り上げ返済をしても、毎月のローン支払い金額は、


圧縮できないことが多く、


ローン期間を短縮することを目標にすることになります。



投資には必ずリスクがあります。


 

そして、リスク対策は、


いち早く、ローン残債のない物件を得ることです。







不動産投資のリスク対策は、ローン残債のない物件をつくること

不動産投資リスク対策のために今何をすべきか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク