サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいる

車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいるについて

 

 

 

駐車場の賃貸借契約をするうえで起こる問題はあります。

 

 


それは車庫証明をとるために駐車場を借り、

 

車庫証明をとった後は、さっさと、解約して、

 

路上駐車をしている人がいることです。

 


貸主としては、解約されても、解約者に対しては、

 

文句は言えません。

 


解約されても、何ら問題はありませんが、

 

せっかく手間をかけて契約しても、


1か月で解約されてしまっては、

 

何かしっくりこないものがあります。

 

 

ちなみに車庫証明が必要なケースとしては、


新規に車を購入するとき、


車の使用場所(住居や事務所)が変更になったとき、

 

車の保管場所を変更したとき(15日以内に車庫証明を取得しなおす)です。

 


その他の決まりは、


1.車庫シールの義務付け(軽自動車を含むすべての自動車は、


保管場所票章を貼る必要がある)


2.車庫の位置は住所地から半径2キロメートル以内、


3.車庫面積は駐車する車が置けるスペースがあればよいとなっています。


 


しかし解約した人にとっては、違法駐車の問題があります。

 

違法駐車の取り締まりを警察だけに頼るのではなく、


駐車場契約をする際に、すぐに解約されないよう、


3〜4か月の駐車料金を、前もって徴収するなど、


路上駐車を防ぐ方法を貸主としてとっておく必要があります。

 

ちなみに、車庫法では、車庫証明は契約期間が3ヵ月以上でないと、


発行してはならないとなっています。

 

まぁ3か月でも1か月でもあまり変わりませんが。







関連記事

アパートを建てて貸すか、駐車場として貸すか

 

コインパーキング経営の開業資金調達は日本政策金融公庫で受ける

 

駐車場収入の確定申告

 

駐車場の耐用年数について

 

駐車場経営あれこれ


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク