サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


トイレの水が止まらなくなる(トイレの経年劣化に伴う不具合) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
トイレの水が止まらなくなる(トイレの経年劣化に伴う不具合)
トイレの水が止まらなくなる(トイレの経年劣化に伴う不具合)



トイレタンクの水が止まる仕組みは、



タンク内の水位が上がって来て、


ボールを持ち上げて止まるという原理です。




最近の便器・ロータンクは節水型になっていますので、



10〜20年前の便器の場合、新型にするだけで、



給排水の水道代が節約できるといわれます。



トイレタンクの不具合は、部品を交換すればいいのですが、



何年も使用したトイレはあちらこちらに不具合が出てきて、



いずれ取り換えることになってきます。



トイレのロータンクは通常、部品を交換するだけでいいのですが、


防露タンクと言って、内部に断熱材が内張りされたものが使われています。





古いタイプのトイレは断熱材だけを取り換えることはできない様式が多いです。




なのでタンクと本体を一式取り換えることになります。



何年も経って古くなると、その断熱材が剥がれてくることがあります。



そうなると結露が発生するようになります。




剥がれた場合は、水道屋さんに依頼すると、


貼り直すことができますが費用が発生します。




しかしこれから、経年劣化に伴って、様々な不具合が出てきます。


 


その都度メンテナンス業者を呼ぶようになりますので、



すべて新品に交換することをお勧めします。




トイレ本体とトイレタンクは一体ものになっているのが多いですので、


タンク単体だけを取り換えると、


合わないことがあります(不具合が出たりする)ので、


セットで取り換える必要があるでしょう。


 

費用を最も安く抑えるためには、ウォシュレットがついていないトイレに、



取り換えてもらって、ウォシュレットだけホームセンターで購入して、



DIYで取り付け(自前取り付け)るのがいいでしょう。


 


ホームセンターでは、ウォシュレットは1万5000円位からありますので、



それを買ってきてDIY(自前)で取り付けることは十分可能です。




ウォシュレット付きは割高(工事費用込み15万円前後)ですので、



別々にすればいいと思います。



ウォシュレットがついていない普通便座式のトイレなら、



10万円以下(工事費用込み)で可能です。


 

そこにウォシュレットを自分で後付すれば費用を節約できるでしょう。






トイレ移設、増設

和式トイレの洋式化について

トイレリフォーム

汲み取り式から 水洗トイレに変えるには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク