サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


駐車場の耐用年数について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
駐車場の耐用年数について

駐車場の耐用年数について詳しく
 

 

 

駐車場の勘定科目は構築物になります。

 

 


構築物とは、建物や建物付属設備以外のもので、

 

舗装道路など、土地の上に定着した建造物、

 

土木設備、工作物になります。

 

 

 

先ず、駐車場の工事費用が30万円未満であれば、


修繕費として一括で経費処理することが認められます。

 

少額減価償却資産の特例(措置法28の2)

少額の(30万円未満)の減価償却資産の会計処理

 


30万円以上の場合には、


構築物として固定資産に計上して、

 

耐用年数で減価償却していきます。

 

 

 

 

さて、駐車場の耐用年数についてですが、

 


駐車場にはいろいろあって、

 

 

空地を舗装して貸駐車場を設置した場合の

 


減価償却するときの耐用年数は、

 


その駐車場をどのように舗装したかにより違ってきます。

 

 

 

耐用年数表の構築物の舗装道路及び舗装路面により、

 


次のようになります。

 

 


コンクリート舗装、ブロック、レンガ、

 

石敷(砂利や砕石などで地固めをしたものを含む)は15年、

 

 

 

アスファルト、木レンガ敷き(木材をレンガの形にした)のものは10年、

 

 

 

ビチュ―マルス敷(道路又は地面を舗装する場合に、

 

基礎工事をまったく行わないで、砕石とアスファルト乳剤類とを、

 

材料としてこれを地面に直接舗装したもの)のものは、

 

3年となってます。

 

 


パーキング(コイン式含む)装置(無人駐車管理装置)の、


法定耐用年数10年になります。

 

 

プレハブ式駐車場(工場などで製作したものを、

 

現地で組み立てるもので、3舒焚爾龍眤粟修侶物)の、

 

駐車場は金属製(軽量鉄骨造り)で19年です。

 

 

 

フェンスは10年です。

 

 

 

立体駐車場の耐用年数

 


立体駐車場については、構造体、外壁、屋根その他の建物を、


構成している部分は、建物の、車庫用のものになり、


構造(木造、鉄骨、コンクリート)ごとに、


定められた耐用年数を、適用することになります。

 

 

 

機械装置部(機械式駐車設備)は15年になります。

 

 

 

 

屋根付きカーポート(屋根と支柱だけのガレージ)は、

 

建物に該当せず構築物となり、


金属アルミ製のもので15年になります。

 

 

 

 

機械で複数の階層、2階式や多段階になっていて、

 


上下するタイプのものは10年、

 

 

駐車場と分離したカーリフトで上下に移動するものは、

 


棚の部分は構築物の露店式立体駐車場設備になり15年です。

 

 

 

カーリフトは機械式立体駐車場に当たり10年になります。

 

 

 


屋外駐車場に設置したオートロック式の装置の耐用年数は、

 


器具及び備品の無人駐車場管理装置の5年となります。

 

 

 

(改正)減価償却について、


平成28年度4月1日以後に取得をする建物と建物付属設備や、


構築物について、定率法が廃止され、


償却方法が定額法に一本化されていますので、

 

要注意です。

 

 

お金の出費をあまり伴わない中古車で節税する(4年落ちの中古車なら1年で償却できる)ローン返済期間には注意する


スポンサーリンク



関連記事

古家を買って建物を壊して駐車場にする場合の不動産取得税

土地等を取得するために要した負債(借入金)の利子

不動産所得(アパート、マンション、一戸建て、駐車場)確定申告

確定申告書、収支内訳書の書き方(記入の仕方)
収支内訳書を書き終われば、次は申告書の本体を書くことになります
不動産確定申告の仕方

簡易簿記の書き方について
白色申告の書き方について

修繕費にするか資本的支出にするか
資本的支出と修繕費について、少額の(30万円未満)の減価償却資産の会計処理

建物の取り壊し費用と確定申告
期限内に確定申告をするのを忘れた場合
無申告ならどうなりますか
期日を過ぎた確定申告
駐車場の耐用年数について
駐車場収入の確定申告
現金主義会計の確定申告(賃貸経営と現金主義会計)について
確定申告をする意味

車を必要経費にする

不動産所得と不動産所得税の計算の仕方

建物を取り壊して、駐車場にする場合の取り壊し費用について
駐車場経営は儲かるでしょうか
アパートを建てて貸すか、駐車場として貸すか
コインパーキング経営の開業資金調達は日本政策金融公庫で受ける

駐車場収入の確定申告

駐車場の耐用年数について
不動産所得確定申告
駐車場投資あれこれ
車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいる
コインパーキングをやってみて
コインパーキングの現状
コインパーキング開業までの流れ
駐車場付きマンションについて
機械式駐車場あれこれ
土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか
コインパーキング投資
コインパーキング運営会社
駐車場経営について

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1249
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク