サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅ローン保証会社審査と対策 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅ローン保証会社審査と対策

住宅ローン保証会社審査と対策

 

 

 

よく不動産投資家はマイホームは持つべきではないと言います。

 


なぜなら収益を生み出さないマイホームは負債だからです。

 

 

しかし、住むところは必ず必要であって、


借りて住めば家賃の支払いが必要ですね。

 

 


確かに不動産投資で融資を引く際に、


住宅ローンはマイナス要因になると思います。

 

 

不動産投資の融資という面で考えるのであれば、


マイホームは持つべきではないのかもしれません。

 


住宅ローンは、サラリーマンの給与所得を、


与信として融資してもらっているので、


信用情報には既に傷が付いているんですよね。

 

 

それなら先にアパートローンの融資をひいてから、


住宅ローンでマイホームを買えばよいと思いませんか。

 

 

 

でもそれでは今度住宅ローンの審査が通らないですね。

 


なぜなら住宅ローンの審査の際に、


個人信用情報というものを見られますね。

 


その時に不動産投資の融資を個人で受けて入れば、


この個人信用情報に買い入れ額が載ってしまっているんですね。

 


なので既に多額の借金があると、

 

借り入れの部分だけがクローズアップされてしまい、


住宅ローンの審査が通らないんです。

 


不動産投資を小さく始めた場合は、


それほど大した金額ではありませんが、


それでも不動産投資での借り入れがあると、

 

審査に響きます。

 

 


借金があってもキャッシュフローは出ているし、

 

不動産という資産があるから問題ないのでは、


と考える方もいるかもしれません。

 

 

しかし、多くのサラリーマン投資家は借りて数年間は、

 

賃貸業が十分に一人歩きできていません。

 

 

 

不動産投資が健全な財務内容で債務超過もなく、


収益もしっかり出ている状態でないと


住宅ローンの融資が通りにくくなってしまいます。

 

 

 

決算書が黒字で資産価値が出る物件を多く所有していて、

 

キャッシュフローも確保されていると見られると、


審査が通るかもしれませんが簡単ではないと思います。

 

 

もし住宅ローンを借りる予定があるのであれば、


借入額が大きくなる前に借りておいた方がよいですよね。

 



それまでは、住宅ローンを組まずに賃貸で過ごすか、

 

不動産投資を強固なものに作り上げるまでは、


オンボロの自宅でもいいと思います。

 


自宅は外見が悪くとも、最低限の住宅であれば、


不動産投資には差支えないはずです。

 

 

 


保証会社は住宅ローン審査のとき、

個人信用情報を照会します。

 

住宅ローンの借入額、自己資金の額、
勤続年数、勤務先の内容、物件の担保価値、

個人の信用情報、他の債務との関係を見て行きます。

 

勤続年数は原則は3年以上が必要です。
勤続年数が少ない人は、頭金をしっかりと貯めている間に、

勤続年数は、十分な期間になると思いますし、

頭金を多く貯めることができれば、

その分借入金が少なくて済みますので、

ローンの審査のうえでも有利となります。
 

住宅ローンの場合は、

頭金は物件価格の2割を目標にすることです。

 

車のローンなど、他に借入がある場合、
既借り入れ分の年間返済額+住宅ローンの年間返済額を足して、

年収で割ってみてください。

 

そのパーセンテージが30%を超えているようですと、

借入過多と判断されて、審査に通るのは厳しいですね。

 

サラリーマンの場合より、

自営業者やフリーランスの人たちのほうが、

ローンを組むのに苦労するかもしれません。

 

自身が病気してしまったり、取引先が減ったりすれば、

とたんに収入が減ってしまうので不安定と捉えられるからです。

 

融資対策として考えられることは、 

クレジットカードをたくさん持っている人は、

1〜2社にまとめることをお勧めします。

 

住宅を購入する予定なら、ショッピングでリボ、分割払いを利用しないこと、

クレジットカードのキャッシングをしないことがあげられます。

 

それから、カードローンの作成を最小限に止めておくこと。

 

キャッシングやカードローンは個人信用情報にきっちり載ります。


クレジットカードのキャッシングや、

カードローンの既借り入れ分があるなら、

完済をしておくことをお勧めします。

 

 

できることは、頭金を増やすこと。

 

奥の手としてその銀行に、借入実績を作っておくことです。

 

そのため、お金があって借りる必要がなくても、

一度、フリーローンなどのローンを借りて、

短期間に全額返済して、返済実績を作っておくことも、

一つの方法です。

 

住宅ローンを組む場合には、こういった事も大きく影響します。

 

 

 



関連記事
住宅ローン金融機関審査

住宅ローン保証会社審査と対策

連帯保証人免除は不動産投資家にどう影響する

投資用不動産(収益物件)購入時に、連帯保証人が必要な本当の理由

不動産投資用ローン審査
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/126
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX