サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


アパート、マンション経営が破綻する理由 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アパート、マンション経営が破綻する理由
実は、大家さんはいつでも倒産体質
アパートを建てる場合の資金繰り
勘定合って銭足らずとは、理論と実際が一致しないことです
新築アパート経営は失敗になる 可能性がある。
アパート、マンション経営が破綻する理由
不動産 デッドクロス
不動産投資の最大のリスクは内部留保の不足
アパート、マンション経営が破綻する理由について

 

 


賃貸アパート、マンション経営は、

 

銀行借り入れで行っていることが多いため、

 

破綻リスクと表裏一体の関係であるのが現実です。

 

 

返済比率が60%超えている人は空室が増えると苦しくなります。

 

 

土地を持っている大家さんが、新築アパートを建てて、

 

経営する場合は、建物代だけの負担なのに、

 

8%位の実質利回りが普通です。

 

 


これでは、相続税対策ならいいですが、収益目的なら苦しいです。

 

 

賃貸収入を、他の事業資金に廻して破綻する方も事実多いのですが、

 


賃貸アパート、マンション経営での行き詰まりも多くなっています。

 

 

行き詰まりの原因は、デッドクロスと空室の増加です。

 


しかし、破たんリスクは、事前に回避できるものも多くあります。

 


それは、賃貸物件の複数取得や返済負担の軽減などです。

 

 

まあ、破綻するケースには一定の共通項があります。

 


破綻する大家さんに共通する点は、

 

管理会社にすべてを丸投げしてしまうと、油断すると、


入居率も上がらず、物件も汚くなっていきます。

 


そこで、現在の入居者が気持ちよく暮らしているかを、

 

確認する必要があります。

 

 


管理会社の担当者に電話なりメールをして、

 

管理状況はどうなっているか、清掃の実施日を確認したり、

 

クレームやトラブルの有無も報告してもらうことが大事です。

 

 

大家さんは賃借人と管理会社の両方を管理しなければいけないんですね。

 

 


賃貸アパート、マンション経営に一番大切な要素の一つに

 

コミュ二ケーション能力です。

 


特に管理会社の賃貸仲介会社の担当者とのコミュ二ケーション能力が、

 

賃貸アパート、マンション経営に必須の条件でしょう。

 


コミュ二ケーション能力が劣っている大家さんの物件は、

 

管理会社の意識の中から消えていきますので、

 

管理も適当になっていきます。

 


適切なコミュ二ケーションをとらないと、

 

客付けをおろそかにされたり、

 

管理もいい加減になってきます。

 

 

やがて、半分以上空いたままの物件になって、

 

銀行返済がきつくなってきます。

 

 

そうなってからでは、手遅れになります。

 

 

資金に余裕がなくなり、

 

メンテナンスにお金を掛けられなくなり、

 

入居率が減るという悪循環になってしまいます。

 


賃貸経営不振の原因はコミュ二ケーション能力の不足があげられます。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク