サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


徹底(とことん)リフォームか、それなり(ほどほど)リフォームか、それとも建て替えか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
徹底(とことん)リフォームか、それなり(ほどほど)リフォームか、それとも建て替えか

徹底(とことん)リフォームか、それなり(ほどほど)リフォームか、建て替えか、

についていろいろ

 

 

家が古くなってくると、建て替えるべきか、


リフォームするべきか悩むところです。

 

賃貸住宅なら、余命いくばくもないのにコストをかけて、


リフォームするのは無駄であって、


それなりのリフォームで済ますべきという意見もあります。

 

 

つまり、残存耐用年数を予測して、


まず、その間の家賃収入を予測します。

 


建物が古くても、家賃が安ければいいというお客さんもいますので、


成り立つ範囲でリフォームするという考え方もあります。

 

 

最小の費用でどこまでお客様に満足してもらえるような賃貸住宅が、

 

できるかを考える方が安全であり、うまくいくという考えもあります。

 

 

しかし賃貸住宅の場合、それなりのリフォームをすれば、

 

それなりのお客さんしかつかない可能性があるのです。

 


しかし、とことん徹底してリフォームしたほうが、


初めは費用が高くなりますが、


入居者に、気持ちよく住んでいただけますし、


その後の苦情も起こらないし、長い目で見れば、


儲けにつながると思います。

 

 

しかし老朽化が相当進んでくると、


リフォーム費用がかなり高くなります。

 

それでも、思い切って配管からすべてを取り換えるつもりで、


一旦、全面リフォームする方が質の良い入居者が付きやすいし、

 

その後の手間もかからないのですね。

 

 

 


設備も、使い方にもよりますが、よく持って20年、


徐々に悪くなっていきますし、


使えるものと使えないものとを分けずに、


この際、全て新しいものに取り換えてしまうくらいがいかがでしょうか。

 

そのほうが、


メンテナンスの手間もかからず、トラブルも少ないものです。

 

 

いずれにしろ、


全面リフォームでも建て替えより安くなりますよ。

 

 

全面リフォームしても、いずれ建て替えるのであれば、

 

それは捨て金になると思われるでしょうが、

 

建て替えなければならないという前提が、

 

そもそもおかしいのではないでしょうか。

 

 

全てを取り換えるのではなく、

 

元々その家にあったもので、


使えるものは残すのが基本です。

 

 

もっともリフォームは、基礎や柱などの躯体を残すので、


他が傷んでいても躯体だけは、しっかりしている必要があります。

 

 

先ず費用の面から言えば、建て替えより、


リフォームの方が安くなるのが普通です。

 


建て替えには、解体や処分費がかかるため、


リフォームより、当然、高くなります。

 


又、骨組だけ残すような大がかりな全面リフォームでも、


基礎工事や土台工事は不要になるわけです。

 

 

築30年程度の家でも、リフォームすれば、


建て替えよりも割安な工事費で済みます。

 

又、耐震補強をして寿命を伸ばすことが出来ますし、


断熱材を入れて遮音性を上げたり、

 

暑さ、寒さの解消もできます。

 

 

もっとも、現在の建物が現行の法律に合致しない既存不適格の場合、


そもそも建て替えが出来ないケースや、


建て替えると床面積が小さくなるケースがあります。

 


そういう場合は、全面リフォームして不満点を解消し、


快適に住み続けるという方法を選べるのです。

 

 

 

一戸建ての場合は古くてもきれいにリフォームしていれば、

 

 

仲介会社の営業マンは、木造アパートを見に来たお客さんに、

 


こちらの一戸建ての方も見ていきませんかと、

 

勧めてくれることがあり、

 

入居者が決まりやすいのですよ。

 

 

 






関連記事
築年数の経った古家のリフォーム費用

リフォームのすべてについて

 

築50年の家でも徹底的にリフォームするのか

立地が良くて、土台がしっかりしていれば長期運営できる

大規模修繕をして耐用年数を伸ばす

徹底(とことん)リフォームか、それなり(ほどほど)リフォームか、それとも建て替えか

古くなった一戸建て住宅を建て替えるか、リフォームですませるか

 

長期で回収すれば長期に稼げる、短期で回収すれば短期でしか稼げない


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク