サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


法人契約の一括借り上げ物件について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
法人契約の一括借り上げ物件について

法人契約の一括借り上げ物件について詳しく

 

                
 


アパートや賃貸マンションを、オーナーチェンジとして

一棟買いする場合、アパート一棟を法人に社宅として、

 

丸ごと貸してある場合がある。



 

このときは、借りている会社の経営状況や、

 

社員数などの動向を知っておく必要があります。


 


又 借りている人の属性を見ておく必要があるのですね。



 

物件を担当する販売会社に依頼して、

 

購入物件の建物賃貸借契約書を見せてもらうか、

 

なければオーナーから取り寄せてもらうことですね。




又は管理会社か 仲介会社に請求して取り寄せることですね。





その場合、家賃の支払記録などのトラックレコードも合わせて

見せてもらいましょう。



 

なぜなら 会社の移転やリストラなど経営状態によって

入居者が一挙に出て行ってしまうというリスクがあるからです。


 

そうなると大家さんは、毎月銀行へ支払うローンの返済金は、

全部持ち出しになってしまい、賃貸経営が破たんしてしまう恐れがありますね。





致命的な損失を受けることになるので、こうしたリスクのある物件は


避けたほうが無難です。




ただこういった物件でも、管理会社か仲介会社で、

 

一括借り上げ引き継ぎ制度を取っているなら

 

少し位キャッシュフローが減っても、

 

すべてなくなるよりまだいいのですが。

 

 





関連記事
ハウスメーカーのアパート建設の落とし穴

管理料ゼロの落とし穴

一括借上と管理について

家賃保証とはどのようなものか

一括借り上げ家賃保証トラブル

不動産会社との一括借上げ契約には、消費税は掛かるのですか

 

一括借り上げ 確定申告


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク