サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


気を付けるのは、不動産価値の下落と税引後キャッシュフロー | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
気を付けるのは、不動産価値の下落と税引後キャッシュフロー

気を付けるのは、不動産価値の下落と税引後キャッシュフローのマイナスについて

 

 

 

 

不動産価格が下落して、貸借対照表が債務超過状態になった場合、

 

ほかに何も資産がなければ、次の不動産を購入したいと思っても、


銀行の融資姿勢はとても厳しくなります。

 

 

資産よりも借金が多い人に、融資をしたがる銀行はないわけです。

 

 

 

この債務超過を防ぐためには、


青色申告控除前の所得を増やすことが必要です。

 


この青色申告控除前の所得を増やすことが、


貸借対照表の純資産の増加になるからです。

 

 

 

もっとも、債務超過状態でも、借入金の返済ができており、

 

税引後キャッシュフローが残っている状態であれば、

 

不動産運営は続けていくことはできます。

 

 

 

借入期間が終わるまで、不動産運営を続けることができて、


最終的に借入金がゼロになれば、破産という最悪の事態は免れます。

 


しかし、それ以前に、税引後キャッシュフローがマイナスの場合は、

 

他の所得がなくて、手元にあるお金が尽きてしまえば、


銀行への借入金返済ができなくなってしまいます。

 


返済ができなくなると、銀行は回収のため、


不動産の売却を持ちかけてきます。

 

 

 

その時に不動産を売ったお金で、


残りの借入金をすべて返すことができればいいのですが、


すべて返すことができなければ、借金だけが残り、


破産につながります。

 


最低限、税引後のキャッシュフローの残る不動産投資を、


心がける必要はありますね。






アパート経営税引後キャッシュフロー(減価償却費足す理由)

不動産価値の下落と税引後キャッシュフローのマイナス

税引き後のキャッシュフローの求め方


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク