サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産賃貸業の実績ができてくれば、任意売却物件を狙う | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産賃貸業の実績ができてくれば、任意売却物件を狙う

不動産賃貸業の実績ができてくれば、任意売却物件を狙うあれこれ

 


不動産賃貸業の実績ができてくれば、


リスクがあっても、高利回りの物件狙うことが、

 

選択肢の一つにすることができるでしょう。




本格的に不動産投資に入っていくためには、


初心者には、少しリスクがあっても、実績ができてくると、


プロパーローンの審査も通りやすくなりますね。




なので、格安物件で、高利回りを望める一棟もの物件を、


プロパーローンを利用して本格的に高利回りが、


期待できる物件投資をすることができると思います。




というわけで、実績がついてくると、


任意売却物件や空室が多い物件など、


初心者が手を出すにはリスクがある物件であっても、


挑戦して、そしてそこを満室にすれば、

 

大きく資産を増やすことが可能になるのですね。

 

 



任意売却物件はローンを滞納した際に、


不動産を売って、現金化する一つの策ですが、


競売と違うのは、裁判所の手続きによって、


強制的に売却されるわけではなく、


売主の任意で売却する点です。

 


任意売却に失敗すると競売にかけられるのが普通ですので、


早く、スムーズに買い手を見つけるために、


相場よりも安く価格設定されています。





持ち主が生き詰まった物件なので、手入れがされてなく、


空室が多いですが、その分、価格が安く、

 

工夫して満室にすることができれば、


高利回りが期待できます。



 

返済が滞っていることを表ざたにしたくないので、


情報は、あまり公にされませんが、


不動産仲介業者とのつながりがあったり、


以前に、物件を購入した業者から、


情報が流れてくることもあります。

 


任意売却の多くは、金融機関や、弁護士事務所


(債務整理の依頼を受けた弁護士事務所)などから発生します。

 

そんな物件を狙って、


不動産投資を進めていきましょう。

 

 

まず、金融機関や、弁護士事務所は、


信頼できる不動産仲介業者に、


物件の売却を依頼します。

 

 


ここから一般の投資家へと、情報が徐々に流れてきますし、


もっとも、不動産業者は、最初は買える人にしか情報を流しません。

 

 

買える人とは、現金購入できる投資家、


属性がよくて融資を引ける投資家、


経験豊富で、不動産投資の実績のある投資家、


転売目的で安値で購入したい不動産業者などです。

 


最初に情報を広く流しすぎると、


買えないけど、欲しい人からの買い付けが入ったりして、


契約がうまくいかなくなったりすれば、


任意売却の処理が進まなくなるからです。

 


そのほか、過去に物件を買ってくれた顧客や、


収益物件の検索サイトなどから、


物件資料の請求があった人たちにも流されることがあります。

 

 

これらの人については、ある程度の個人情報を得て、


素性がわかっていて、かつ物件を積極的に買いたいというお客が、

 

含まれていますので情報が入りやすいのです。

 

 

というわけで、任意売却物件を簡単に手に入れるには、


インターネットの収益物件の検索サイト(健美家や、楽待)などや、


情報誌から、興味がある物件について積極的に問い合わせていくことで、


業者とのつながりがもて、情報が集まりやすくなります。

 

 

最初は収益物件サイトをこまめにチェックして、


気になる物件があれば問い合わせをしていくと、


良い情報が入ってくるようになります。

 


なので、住所やケータイ電話などの個人情報と、


自己資金の金額やその他、


できるだけ詳細に伝えておくのがいいでしょう。

 

 

個々の仲介業者によっても、いろいろ差がありますが、


いくつかの業者に、問い合わせを続けて行くと、


必ず任意売却などの非公開情報を流してくれる業者は現れますので、

 

日頃から物件探しのアンテナを張っておくことは大事です。

 

 

 

任意売却物件は通常、瑕疵担保がない状態で売られますので、


少しはリスクはありますが、仲介業者がついていますので、


相場よりも安めの任意売却物件ですが、さすがに築浅物件は、


少ないようですが、それでも、不動産仲介業者からの情報を、


たくさん集めるようになると、ときどき流れてきます。

 


通常の不動産取引と同様に、売り主の情報を聞いたり、


室内に入って見たりすることも可能です。

 

 


物件自体の調査を、購入する前にいろいろと進めることができる点が、


競売よりもいい点です。

 


さらに任意売却物件は競売と違って、


銀行のプロパーローンを利用できますので、


不動産賃貸業としてのスキルが向上してくると、


プロパーローンによるフルローンも狙いやすくなります。

 

 


もっとも、利回りもよく、積算評価もすぐれている物件は、


すぐに売れてしまいますのでスピードが必要です。

 

 

任意売却情報は、インターネットの収益物件の、


検索サイトでもときどき見かけます。

 

 

任意売却といっても個々の案件と条件によって、


価格に差があります。

 


プロパーローン数棟の物件を持つようになってくると、


あの人は買える人だと思われ、


物件情報が自然に得られやすくなってきます。

 


また、過去に少し関係があっただけという不動産業者からも、


なぜか突然、いい情報が舞い込んでくることもありますし、


あきらめないで、準備しておくことでしょう。

 

 

その他、管理会社経由で任意売却の情報が入ってくることもあります。




低所得で保証人なしの弱小大家さんの融資戦略

 

空室の多い物件を購入するには(指値の出し方と、融資の受け方)

不動産賃貸業の実績作り(実績があれば融資が引きやすくなる)

任意売却物件の入手方法

任意売却物件購入のメリット

任意売却物件購入のデメリット

任意売却物件購入


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク