サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


戸建や区分所有を組み合わせた投資戦略(戸建や区分所有を増やす) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
戸建や区分所有を組み合わせた投資戦略(戸建や区分所有を増やす)
戸建や区分所有を組み合わせた投資戦略(戸建や区分所有を増やす)あれこれ


 


投資初期はリスクの少ない物件を取得して、



安定経営を目指していき、ある程度、



投資の規模が大きくなってからは、レバレッジを効かせて、



リスクが、やや大きい物件を取得していくことで、



投資効率が上がり、キャッシュフローが得られやすくなります。


 


つまり、不動産投資初期のころ、ローンを受けられない場合には、



実績造りのために、戸建や区分所有を現金で取得することにして、



その後、プロパーローンを利用して、



レバレッジをかけて拡大路線に入っていき、



手持ち資金に余裕ができてくると、



再び、戸建や区分所有を現金で取得するのが得策です。


 



ある程度、不動産投資の規模が大きくなると、



現金の増えるスピードが早くなりますので、



戸建や区分所有を、現金決済できるようになります。


 



戸建や区分所有を、現金で取得するメリットは、



どうしても、売却して現金化したいときは、


買主が見つかりやすいのです。


 



つまり、現金化することが、比較的、容易ですし、



場合によっては、キャピタルゲインも期待できます。


 



1億円もする物件を、売却して現金化することは、



なかなか簡単にはいきません。


 



現金化しやすいといえば、同じ区分所有でも、



ワンルームよりも、ファミリー向け物件の方が売却しやすいです。


 



ワンルームなどの単身者向けの物件は、



売却するときに、欲しい層が限られ、



主に投資家が買いますから、高値売却が難しくなります。


 


現金で取得した物件を持っていることは、



より融資を受けやすくなるというメリットがあります。


 



抵当権のついていない物件を、いくつか持っているということは、



個人の財務体質が強いことを意味するのです。


 


 

そうなると融資を受ける際、共同担保として差し出せますし、



金融機関に無担保の物件を見せることで、



現金を持っていることと同じ評価が得られ、



不動産投資に成功しているとみられ、



融資が受けやすくなります。






戸建や区分所有を組み合わせた投資戦略(戸建や区分所有を増やす)

不動産賃貸業の実績作り(実績があれば融資が引きやすくなる)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク