サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅(自己)居住地以外(遠方)での不動産投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅(自己)居住地以外(遠方)での不動産投資
自宅(自己)居住地以外(遠方)での不動産投資



一般的に大都市圏の物件利回りは、


地方に比べると高くありません。


 

そのため、ローン主体での投資では、


キャッシュフローが少なくなる可能性があります。


 

一方、地方では大都市に比べて利回りの高い物件が多く見つかります。


 

ただし利回りが高いといっても、それは計算上のことであり、


地方の場合、実際の入居率が大都市圏よりも悪くなるので、


実質的な利回りは下がってしまいます。

 

つまり、家賃相場や入居率は、将来の需要動向によるところが、


大きいため、需要が安定的な都市部に比べると、


地方は不安定要素が高いと見ます。


 

そのリスクを加味した上で、


どちらが有利なのかを考える必要があります。


 

どちらの投資が自分に向いているのかです。


 

もっとも、不動産屋さんと大家さんとの、


賃貸条件の取り決めには地域差があります。

 

その地域の家賃の相場や、入居者を募集する際、


広告料として不動産屋さんに支払う金額は、


家賃の一か月分か、数か月分か、


この辺の動向も調べる必要が出てきます。

 

もっとも、リスク分散の意味で、


地方と大都市圏に2か所に分けて物件を持つことは、


それなりに意義があると考えます。


 

また物件の立地と、自宅が離れている場合、


自分が出向いて、様々な対応をするには、限度があるため、


現地に信頼できる仲介業者さんや、リフォーム業者さんなどを、


確保しておく必要も出てきます。


 

なので遠方物件を購入するときは、利回りだけにとらわれず、


購入後にどうやって運営していくかを、


綿密に計画しておかなければならないですね。


 

そのため、外交的で良好なコミュニケーション能力が、


他の投資手法以上に必要になってくるわけです。




都会の物件を地方の人が買う

自宅(自己)居住地以外(遠方)での不動産投資

遠方物件所有の注意点

地方のアパート投資の問題点


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク