サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


収益物件の管理費用は割安になっている(収益物件の管理費は安い) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
収益物件の管理費用は割安になっている(収益物件の管理費は安い)

収益物件の管理費用は割安になっているあれこれ

 

 

管理会社は、管理費が3〜5%、毎月100万円の家賃収入がある物件でしたら、


月に3万円ですべての管理をしてくれるわけです。



賃貸物件の管理費は、分譲マンションの管理費などに比べても割安です。


 

管理会社の仕事の内容は、


家賃の回収、家賃の支払いが遅れた場合には督促。


入居、退去時の精算。

 


防火設備や、水道設備などの定期的な点検。


入居者からのクレームの対応。

 


入居者募集や客付け業者との対応。


などです。

 


仕事内容からすれば、賃貸物件の管理費は安いと言えます。

 


賃貸物件の管理費が安い理由は、競争原理が働くためです。

 


管理会社としても、収益物件の管理費というのは、


比較的安定した収入となりますので、


利益があまりでなくても、管理を引き受けてくれます。

 

 

また、物件数の増大による作業員の効率化という理由も大きいです。

 


管理会社では通常、担当者1人あたり、


10〜20棟程度の物件を管理しています。

 

家賃の回収のみ、別の会計担当者が行う場合もありますが、


たいていのことは管理担当者が行います。

 

 

仕事はリフォームの外注やクレーム処理、


入居者募集のための資料作りなどいろいろありますが、


ある程度の物件数がありますと、多数の原理が働いて、


効率よく業務をこなせるわけです。

 

 

効率的に作業ができるノウハウを持つと、


安く管理費を設定しても、管理会社としては、


利益を出せるわけです。

 

 

こういった管理会社の特性から、

 

家賃収入の3〜5%支払うだけで、


収益物件の管理を引き受けてくれますので、

 

物件数の多い大家さんは、


自主管理では限度がありますので、

 

ほとんど管理会社を利用しています。

 

 


基本的に戸建賃貸であれば、あまり手間がかからず、


自主管理は難しくないのですが、


1棟物件は、大家さんの自主管理では大変手間がかかります。

 


管理会社を利用するようにするのが得策でしょう。


 

 

 

関連記事
管理会社選び

 

大規模修繕の修繕積立金はいくら必要か

管理会社に 大家業務のすべてを委託することができる。

管理会社は、引き継がない方が良い

一棟物件は管理にリスクがある

管理費の概要、 建物管理と賃貸管理業務について


収益物件の管理費用は割安になっている(収益物件の管理費は安い)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク