サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするか

入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするかあれこれ

 

 

 

 

 

 

募集を1社のみに絞る場合は専属専任か専任媒介になりますし、

 

いろいろな不動産屋に頼むときは一般媒介になります。

 


専属専任は


仲介を1社に任せ、自分でも入居者を探すこともしないという契約です。


専任媒介仲介は1社のみですが、自分でも入居者は探すという契約です。

 

一般媒介


仲介を複数社に依頼し、自分でも入居者を探すという契約です。

 

不動産屋さんを1社に絞るか複数にするかは迷うところです。

 

 


1社に絞れば、手間はかかりません。


ただし、その不動産屋しかないわけですので、


集客力の面で不安が残ります。

 


複数社に依頼すれば、募集の輪が広がり、


内見者を増やすチャンスも広がります。

 

しかしその分、手間はかかります。

 


基本的には、複数に頼んだ方が有利になります。

 

どちらも成約率的には全く問題はありません。

 

1社でも複数でも、考えられる募集方法はすべて実行して、


間口を広げるよう、不動産屋さんに相談していけば、


問題はありません。

 

注意点としては、相談の際に不動産屋を、


うまくコントロールすること、


そして、募集を依頼した不動産屋から、


他の不動産屋へ情報をどんどん発信し、


他の不動産屋でも紹介してもらうことです。

 


そのためには、元付け業者には、客付け業者が決めた場合には、


最低でも入居者からの仲介手数料は、


お支払することを明記してもらうことです。

 


他の不動産屋に伝えてもらうには、客付け業者に仲介手数料や、


広告費を入るようにしなければなりません。


 

1社の募集でも、資料を持って不動産屋を回り、


連絡はその1社に行くようにするのも方法の一つです。

 

しかし、あまり空室が埋まらなかったり、


不動産屋をコントロールできないときは、


迷わず複数依頼しましょう。

 

何よりも入居させやすく、


決まりやすい物件を心がけることは、


言うまでもありません。

 

 

 



関連記事
空室対策の決め手


仲介会社の営業マンに気に入ってもらう(広告料を余分に払う)

入居者募集対策

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

賃貸仲介会社への募集依頼の手法

入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするか

空室がなぜ埋まらないんだろう?


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1338
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク