サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


空き家バンクの活用、空き家の持ち主が、空き家を賃貸住宅にしない理由 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
空き家バンクの活用、空き家の持ち主が、空き家を賃貸住宅にしない理由

空き家の持ち主が、空き家を賃貸住宅にしない理由 (空き家バンクの活用)

 

 

 

 

空き家バンクとは、地方自治体が自ら空き家情報を預かって、


インターネットを通じて広く情報発信する仕組みですが、


田舎にある家は、売るにしても、貸すにしても難しいのは確かですが、


地方自治体を中心に地域の支援体制が整っている物件については、


需要が期待できるのです。

 


ちなみに、この空き家バンクを利用して物件が買えることがある。

 


空き家バンクとは、よその地域から移住者を受け入れる制度ですので、

 

ほとんどの物件は、

 

購入すると、住民票を移さなければなりませんが、


なかには、自分が住まなくてもよい物件があるのです。

 


実は私も今月になって自宅近くで、

 

空き家バンクに登録されている不動産屋さんを通じてですが、

 

古い家をわずか5万円で購入しました。

 

 

 

物件概要、

土地:46.42m2 / 建物:1階 24.23 m2、2階 0 m2

木造一戸建て、補修は多少必要、築年数、52年

 

[和室] 6畳(1階) / [和室] 3畳(1階) / [トイレ] (1階) /
[電気] 引き込み済 / [ガス] 都市ガス [上水道] 上水道 / [下水道] 公共下水道 / [トイレ洋式方式] その他 / [駐車場] 0台 / [物置] 無し / [庭] 無し /

 

5万円の物件です

 

 

 

購入代金は、

物件価格、5万円、

 

仲介手数料、なぜか6万2,000円、

最終的に仲介手数料2,000円、事務手数料等6万円になっています。

 

登記費用、5万5,000円、です。

 

固定資産評価額、

 

土地、75万2、000円、

 

建物、3万7,000円 です。

 

ちなみに、固定資産税は免税点以下ですので0円だそうです。

 

 

人口減少時代に入り、郊外だけでなく都会の一部でも、


空き家が増えています。

 

近年の空き家の持ち主が、誰も住まなくなった家を、


放置している理由として、持ち主は、帰省時に利用したり、


物置として利用しており、仏壇やタンスの所有問題もあり、


所有者は、仏壇やタンスの処分するノウハウや手間、


金銭を持ち合わせておらず、貸家にすることに消極的だからです。

 

 

特に都会で住んでいる人が、トランクルーム代わりとして、


物置として使用したり、田舎から都会に出た人が、


都会での狭い住宅では、収納が十分でないため、


物置代わりとして活用している割合が増えています。

 

また、賃貸に出すためには、荷物の整理のみならず、


最低限のリフォームが必要になるというの、

 

大きな障害になっています。

 


そして、定期借家契約の認知度が現在でも低く、


一旦、人に貸すと、借家人の権利が強く主張され、


返還を求めることが容易でないというイメージを持っているからです。

 


ハウジング協会の調査では、

 

実際に郊外に空き家を持っている人に対するヒアリングでは、


所有者に対して、空き家を貸し出すための条件を聞いたところ、


最も多かったのは、空き家の修繕費用や設備費用を、


入居者が負担する場合ならOKという回答をえている。

 


次に、賃貸期間を5〜10年という短い期間に、

 

限定する(限定するならOK)場合、

 

そして、仏壇や、位牌の安置場所が確保された場合と続き、


家具や荷物の保管場所がほかに確保された場合が続きます。

 


さらに所有者が空き家を有効活用するために、


必要なことは何ですかという問には、


リフォームに関する支援を挙げた人が圧倒的に多いのです。

 


所有者側の立場で見れば、これらの点がクリアされない限り、


なかなか、空き家を貸し出すまでの決心がつかないわけです。

 

 

日本には、空き家の数はたくさんあり、

 

リフォームすれば借り手は現れますが、


リフォームされずに放置されている物件が多いのです。






 

 

関連記事
危険空き家の税優遇廃止 空き家法成立

デイサービス賃貸経営、デイサービスなら1件でも経営できる

なぜ崩れかかっている家なのに壊さずにそのままにしているのか

シニア層の住宅活用法(マイホーム借り上げ制度)

賃貸用住宅の空き家(空室率)の推移と空室が増える要因

なぜ空き家が増加するのか

 

長期間の空き家、長い間人が住んでいない部屋の注意点と問題点

マイホームの年金化(マイホーム借り上げ制度)住み替え支援機構

大家にならない人

人口減少時代に賃貸経営は儲かるか

誰も使う予定のないまま放置されている空き家

公の建物は固定資産税を払っていない(公の建物には固定資産税がかからない)

空き家の持ち主が、空き家を賃貸住宅にしない理由

 

空き家のリフォームや解体に対する補助金について

 

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業と新たな住宅セーフティネット制度

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1343
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク