サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


ローンの壁を 突破する方法は? | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ローンの壁を 突破する方法は?

ローンの壁を突破する方法についてあれこれ

 

 

 
金融機関から、うまく融資を引くには、
不動産投資初期の頃は マメに定期預金をしたり、 
借入実績を作ったりして、そして確定申告書を見せたり、
メインバンクとの付き合いを深めて行くと思います。
ローンの壁を突破するには、
担保力のある物件はどういう物件になるのか、
それを手に入れるためには、どうやって探すのか、
先ず、ここから始めるべきですよね。 

物件の担保評価の仕方ですが、
これら全てを、身につけるための知識を蓄え、
そのためには、普段から準備をしておくことが大切で、

ある程度学習をして そして自身も、小口の不動産投資で、
実績を残しておくことが有利に引くための条件でしょうね。

 
知識を深めて その上で自己資金もある程度 
貯めた段階での話になりますが、
これだと思う物件が見つかれば、
銀行に融資の申し込みをしてみることですね。

 
銀行は個人の属性から判断して与信を与えますが、
厳密にいえば投資用のローンは、事業性の融資ですから、
収支が合えばということになります。

 
投資用ローンは、金融機関によっていろいろと違ってきますが、
基本的には借入する個人の年収、年齢、
職種などについては勘案されないか、
もしくは参考程度にしかされないといえます。 

住宅ローンのように、個人の属性で、
決まってしまうものではありません。
次に銀行が審査する内容としては、
物件自体の収支のほかに、
物件収入をあてにしなくても返済していけるかという、
ことについても、審査の対象に入れますので、
この点についても、普段からの準備をしておく必要がありますね。
そして、もう一つの方法は 投資物件を扱っている不動産屋さんとの、

関係も大事になってきますね。

投資用不動産を購入する場合、 
投資用不動産に、実績のある不動産屋を利用することが、
有利であるということも知っておく必要があります。

近くに投資用不動産に力を入れているところがないようなら、 
多少遠くても見つけて、訪問して、

付き合いを深めておくことですね。
そういうところと付き合いを深めておくという両面作戦で、

進めていくのがいいかと思います。

 

投資用不動産に、強い不動産屋さんを利用すれば 
それだけ有利になりますからね。

 
なぜなら、融資実績があり 借りやすい銀行 支店 各ローンセンター
及び各支店の担当者と、顔なじみになっていることがあるからです。
そこの不動産屋さんを通して手続きをすることによって 
その不動産屋さんの信用を利用して、
ローンを組むこともできるからですね。

 
また、不動産屋さんからも 金融機関に対して、
働きかけてもらえますのでこの点でも有利なのです。

担保力のある物件を持ち込めば、
サラリーマン大家さんの場合は、
サラリーマンというバックアップがあって、
フリーの人より有利ですし、 
自身で不動産投資を手掛けていたり、会社を経営していて、
取引金融機関が、ある程度バックアップしてくれるなどの、
条件が整っていれば別ですが

はじめは、不動産屋さんを通して当たる方が 

個人で銀行と対当するよりは全然いいと思いますよ。
さて、実は、不動産投資でローンを引くのに成功する人と、
そうでない人の差は紙一重だと思います。

成功しない人は、必ずしも突破力がないという訳ではありません。
実際、誠意があり、熱意もあり、本業でも仕事熱心な人が多く、

その点ではローンを引くのに成功をした投資家と、

なんら変わりはないと思います。
それにもかかわらず、ある人はローンが引けて、

ある人は融資が下りなかったりします。
不公平だと思うかもしれませんが、実際、

両者の間には紙一重なのですが違いがあるのです。
そして、それは突き破ることが難しい壁でもありますね。
その違いは、実は粘り強さと忍耐力です。
ローンを引くのに失敗する人は、
壁に突き当たった時、突破できないものと、

はじめから決めてかかるのですね。
言い換えれば、努力することはするのですが、

あるレベル以上はしないわけです。

こういう人は、壁に突き当たった時、
ごく都合のいい言い訳を見つけて、
努力を止めてしまうのです。

たとえ実現不可能に見えるようであっても、
ローンを引くために、粘り強く、

まじめに努力を続けなければならないはずです。

自分の中にある既成概念を壊さなければならないのですね。
ここまでしかできないといった固定観念を持っていると、
ローンの壁を破り、一線を越えて、
成功に至ることができなくなると私は思います。
その壁をついに突破したという自負と自信により、
より粘り強い交渉力が身に付き、
その粘り強さがさらに大きな成功へと、

スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク