サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


立地が良ければ、リフォームは最小限で済む | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
立地が良ければ、リフォームは最小限で済む

立地が良ければ、リフォームは最小限で済むあれこれ



 

不動産投資は立地が良ければ、


本当にリフォームなどしなくても、


借り手はたくさん現れますが、


後でクレームが発生したりしますので、


やはり最低限のリフォームをしなければなりませんよね。



 

特に給湯器、バス、トイレ、キッチンなどの水回りや、


給排水、雨漏りの点検は大事です。


 

その他のリフォームは、特にする必要はありません。



立地が良ければ、最低限のリフォームでもいいと思います。


 

しかし、最低限のリフォームでは、


築年数相応のボロボロ感は、拭いきれないですよね。

 

これでもよいわけです。


 

どうでもよいところを、下手にリフォームしても、


費用対効果が現れず、無駄な出費になってしまいます。



長期入居を望むなら、キッチンとトイレ、バスには、


お金をかけたいですよね。


 

しかし立地が良ければ、


入居者はリフォームしなくても良いので、


早く借りたいと言います。



なので、近所の人や、冷やかし気分の内覧者、自分の身内などからは、


こんな狭いボロアパートに、本当に借り手があるのかと驚かれます。

 

しかし、好立地の恩恵はすごいのです。

 

つまり立地の良さは、ボロボロ感をも凌駕してしまうのです。

 


大家自身も、ボロボロだとわかっていても、


貸すことができると思います。


 

つまり勝機があるというのは、経験のある、


ベテランの大家さんなら、


好立地で入居に困らないというのは、


感覚でわかるものです。

 


つまりボロボロの状態でも、相場家賃で借りる人が、


現れますすので、わざわざ壁紙とか、床の張り直しのような、


資本的支出の伴わない、意味のないリフォームなど、


する必要はないのです。


 

たとえきれいにしても、家賃は相場がありますので、


それならば、早く借りてもらった方が断然よいということです。

 


募集してすぐに申し込みが入るのに、


リフォームに時間をかけすぎると、機会損失になり、


費用対効果がよくないですね。


 

これとは反対に場所が悪いと、リフォームにお金がかかり、


それでもって、何件も不動産屋さんを回ったり、


自分でチラシを作ったりして、必死の思いをして、


ようやく内覧者が現れる状況です。


 

そうまでして、空室が埋まっても、


その状態は長く続かない予感がするのです。



そういう不安が、いつも浮かんできてしまいます。

 

大家さんには、立地を見極める判断力が求められますね。







関連記事
立地が良くて、土台がしっかりしていれば何度でも使える

立地が良ければ、リフォームは最小限で済む

入居者がなぜ埋まらないのか

修繕費をかけて、建物の質を上げることは、家賃を高く取るためではなく、建物を長く持たせて、長期に居住してもらうため。



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク