サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


広告料を余分に払うことで、仲介会社の営業マンに気に入ってもらう | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広告料を余分に払うことで、仲介会社の営業マンに気に入ってもらう
広告料を余分に払うことで、仲介会社の営業マンに気に入ってもらうあれこれ

 

入居者をいかに早くつけてもらうにはどうするかですが、


メンテナンスを頻繁に行って、良好な管理状態を、


維持しなければ、入居者の確保ができません

 


借り手市場ですので、どの大家も自分の物件には力を入れていますが、


入居者を1日でも早くつけてもらうには、これはやはり、


入居希望者を案内してくれる人にお願いするしかありません。

 


入居希望者に物件を紹介し、案内するのは賃貸仲介会社の営業マンです。

 


ということは、この営業マンが、紹介したい、案内したい、


さらには、成約させたいと思ってもらえるようでなければ、


空室は一向に埋まらないと言えるのです。


 


なので、仲介会社の営業マンに気に入ってもらうことが大切です。


 

言い換えれば、リフォームさえきっちりできていれば、


エリアの優秀な営業マンを、


味方につけることができれば、


お客さんも付きやすいと言えます。


 

実は、賃貸仲介会社にとって、紹介できる物件が、


山のようにあるこの時代に、窓口に来た入居希望者の方に、


紹介できる物件は多くありません。

 

 

せいぜい、2、3件か、4件といったところです。

 

入居者を見つけるにあたっては、


まず物件を紹介してもらわなければ、


当然、入居者は決まらないわけですが、


どの物件を紹介するかは、賃貸仲介会社の営業マン次第です。


 

大家としてみれば、いかに自分の物件を、


紹介してもらえるような関係ができているかです。


 

もっとも、案内してもらっても、すぐに契約が決まるほど、


この業界は甘くありません。

 


案内される物件の中に入れてもらうことは大切ですが、

 

その中でも、決め物件に位置づけにしてもらうということが重要です。

 


要するに、営業マンにこの物件がお勧めですよという形で、


推薦してもらうことができるかどうかです。

 


余談になりますが、優秀な営業マンというのは、


お客様に対して、物件紹介の段階から、


どの物件に決めてもらうかあらかじめ考えたうえで、


物件の紹介をしています。

 


具体的には、決め物件を考えたうえで、


当て馬物件を紹介している。



というわけです。


 

決め物件が一番良く見えるように、


それより劣る物件を先に紹介します。


 

つまり営業マンの募集の仕方は、


始めに、当て馬物件を紹介して、


最後に決め物件を紹介するわけです。

 


大家さんの中には、案内はあるのですが、


決まらないという人がいますが、


言葉は悪いですが、その大家の物件は、


当て馬物件にされている可能性が高いです。


 

ここで言えることは、案内数を増やすことは大前提ですが、


いかに、決め物件にしてもらえるかが、


重要になるわけです。

 

 


結局、優秀な営業マンとの人間関係を、


いかに構築するかということになります。

 

 

そのため、関係構築において、基本となるのは、


広告料を余分に支払うことです。

 


それも、相場より少しでもいいので、


多めに払うことが大事でしょう。


 

例えば、物件のある地域の、広告料の相場が、


1か月だとすれば、機転を利かして、


2か月分支払うという方法です。


礼金もいらないと提案してみましょう。




入居者から礼金をとれるなら、その礼金を広告料の代わりに、


受け取ってもらうことを、仲介会社に提案します。



例えば、礼金を3か月受け取れるなら、


その礼金を全て仲介会社で受け取ってもらって、


こちらは前家賃の1か月分だけでよいと提案します。

 


これは非常に大きな効果を発揮します。

 


なんといっても、仲介業者は売り上げを上げなければなりませんので、

 

まずは、広告料と考えて間違いありません。

 

ちなみに、初めて取引する賃貸営業マンに募集の依頼をかけるときに、


広告料を2か月払うという話をすると、


入居者の賃料契約が、5000円上がってしまうということもあります。

 

 

つまり、先方も、広告料を多くもらえれば、


一生懸命高い家賃でも決めるよう入居者に紹介するということです。

 

というわけで、広告料の上乗せというのは非常に有効なのです。

 


早く入居者を決めてもらうためには、


できる営業マンと付き合い、その営業マンに気に入ってもらう。


そして、決め物件にしてもらうということです。

 


しかし、仲介会社も方針がありますので、


特に、仲介会社に初めて客付けのお願いに行く場合は、


システムの関係上、できる営業マンに、


担当してもらえるかどうかわからないときがあります。


 

つまり担当者の技量は、初めはわからないことがあります。

 

そういう場合でも、広告料2か月払い、礼金も払うといえば、


特別に気にかけてもらえるのです。






空室がなぜ埋まらないんだろう?

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

賃貸仲介会社への募集依頼の手法

入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするか

広告料を余分に払うことで、仲介会社の営業マンに気に入ってもらう

入居者退去から、入れ替え時の入居者募集


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1368
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク