サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


立地が良くて、土台がしっかりしていれば何度でも使える | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
立地が良くて、土台がしっかりしていれば何度でも使える

立地が良くて、土台がしっかりしていれば何度でも使えるあれこれ




今後の日本は、客付けがますます厳しくなります。



一棟物でも、戸建でもいいから、駅から近くて、


立地が良く、古くても土台がしっかりしている物件なら、


多少、利回りが低くても十分経営は成り立ちます。


 

場所がいいと、入居者が決まるのが早いですし、バス・トイレ別で、


管理費が高いエレベーターのない物件であれば申し分ないです。

 


古い物件でのリフォームのカギは、キッチン、トイレ、風呂など、


水回り品はすべて撤去して、新しい設備を導入すれば、


その後の手間が省けて、運営がしやすくなります。

 


投資家の立場からすれば、少しでもメンテナンスの値段を、


抑えたいのが本音でしょうが、


ある程度の予算をかけて、リフォームをして、


付加価値を付けて、賃料に反映した方が、


長く住んでもらえ、得られるリターンが増えると考えるのです。




リフォームをして付加価値を付けて貸す。

 

そのためには、木造で築古であっても、


躯体が丈夫で立地の良い物件です。

 


ただ古いだけでは、いくら安くても工事費が大変ですし、

 

工事ではカバーできないことがありますので。

 


古さの良さっていうのは、古いものは汚いものという考えを、


古くて味のあるものに変えられる点です。

 

ということが武器になると思います。

 

大規模に工事をしていますと、


それを見たお客さんに、待っていただいていますので、


完成後、すぐに見学を希望されるケースが多いです。

 

しっかり、リフォームしておけば、古き良き味わいのある家を、


理解していただくことができる点です。


それが長い入居につながり、


お客様からの、入居申し込み通知が入りやすいですね。







関連記事
戸建5棟を目指す(戸建5棟を手に入れる)

大規模修繕をして耐用年数を伸ばす

徹底(とことん)リフォームか、それなりリフォームか、建て替えか

築年数の経った古家のリフォーム費用

築年数が経った古家を、リフォームするメリット

自分で賃貸物件を作る

中古住宅で儲けるためには

古くなった一戸建て住宅を建て替えるか リフォームですませるか

立地が良ければ、最小限のリフォームても入居者が決まる


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1369
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク