サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅ローンの負担が重くなった場合、マイホームを手放さずに賃貸に住み替える | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅ローンの負担が重くなった場合、マイホームを手放さずに賃貸に住み替える
ローンの負担が重くなった場合、マイホームを手放さずに賃貸に住み替える


 

会社の業績悪化にともない、給与が大きく減少した人。

 


まだ住宅ローンの支払いも残っていて、


退職金での繰り上げ返済を考えても、


退職金もあまり期待できず、


ローンの支払いが不安になっている方もいるようです。


 

年齢的にも再就職先は期待できず、返済が重くのしかかり、


生活不安を感じる状況の人もおられる。



といった場合でも、負担を軽くする方法として考えられるのは、


国が支援するマイホーム借り上げ制度の利用があげられます。




住宅購入時点では、慎重にローンを組んでいても、


勤務先の状況で、収入が突然変動すると、


住宅ローンの返済が重くなってしまうことは、


よくある話です。


 

いくら返済しようとしても、収入が減少し、


その中から、住宅ローンの支払いを継続すると、


生活は、かなり苦しい状態になってしまいます。


 

ローンが返済できない家計になってしまうと、


せっかく購入したマイホームを売却して、


その売却資金で、賃貸住宅に移り住むことになってしまいますが、


生活苦で、せっかく購入したマイホームという資産を、


売却により失うことになってしまいます。


 

そこで、住まいという資産を売却しないで、


生活を継続できる方法として、国が支援する、


マイホーム借り上げ制度を活用する方法は有効な手段なのです。

 


その一つが、


一般社団法人(非営利法人)移住・住みかえ支援機構(JTI)の、



マイホーム借り上げ制度です。


 

このマイホーム借り上げ制度においては、


JTI協賛金融機関(スルガ銀行)による、


ローン借り換え制度を利用することで、


現在の住まいを貸し付けることが可能になるわけです。


 

生活環境の変化によって、状況が好転すれば、


再度、従来の住まいに戻ることもできるようになります。

 


住宅という資産を手放さずに、


ローン返済を継続させることができる点は、


マイホーム借り上げ制度の有効な活用として、


大きなメリットなのです。


 


以上のことを踏まえたうえで、


住みかえ先としていろいろな選択肢が考えられます。



その一つがマイホーム借り上げ制度をりようして、



親の家に移る。



あるいは、家賃の安い郊外に移る。

 

郊外の公的家賃補助住宅を探す。

 

山村移住、定住者用住宅補助制度を利用して、


山村に移住する。


空き家バンクの活用。

 

民間賃貸住宅入居世帯家賃補助。


例えば、補助対象住宅の供用開始後5年間、


入居1世帯あたり月額1万円補助など実施しているところもあります。


 

村に移住する世帯に対して、家賃補助を儲けている村もあります。


例えば、岩手県の場合


村外から、田野畑村に定住を希望する子育て世帯に、


村営住宅(村営の集合住宅は家賃半額になります。)を、


10年間家賃無料で貸してもらえる。


という制度があります。

 

10年経過した日からは、村営住宅条例に基づいた料金になる。


対象者として、


以下の条件すべてに当てはまる方となります。

 

田野畑村の外に住所があること、


同居する中学生以下の扶養親族または、


妊娠中の配偶者がいること。


定住することを前提として、田野畑村に転入し、


住民基本台帳に記載できることです。

 


村営住宅の中から空き物件となっている住宅を、


対象者に貸与している形です。



ただし、常に物件があるとは限りませんので、


随時、問い合わせる必要がありますね。



選考は、選考委員会が認めたあと入居の決定となる。

 

探せば、各地の空き家バンクに登録している安い地方の住宅が、


もっとあると思いますよ。






関連記事
デイサービス賃貸経営、デイサービスなら1件でも経営できる

シニア層の住宅活用法(マイホーム借り上げ制度)

マイホームを手放さずに 借金を整理する方法

マイホームの年金化(マイホーム借り上げ制度)について

住宅ローンの負担が重くなった場合、マイホームを手放さずに賃貸に住み替える

マイホーム借り上げ制度を利用してみて




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク