サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資では投機的利益を狙ってはいけない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資では投機的利益を狙ってはいけない

不動産投資では投機的利益を狙ってはいけないあれこれ


 


大家さんにとっての不動産投資とは、

 

自らの創意と工夫と労働力投入によって、

 

経済活動をして利益を得るために、

 

必要な資金を投下することであって、

 

苦労せずに利益を手に収めようとすることではないはずです。

 

 

不動産投資は不動産賃貸業という事業を行うことによって、


得られる利益を追求することが目的であって


決して、投機的利益を狙うものではないと思うのです。

 


したがって大家さんの余剰資金の運用は、ミドルリターン狙いの、


元本保証が大原則です。

 

というわけで、投機的な資金運用ではありません。

 


手持ちの資金を元手にして、


さらに、銀行から融資を受けて格安に物件を買う。



そして利益を乗せて転売するという発想は、


どこからも生まれてこないと思います。

 


不動産を転がすような金儲けは、


もはや大家とは呼べません。

 


不動産賃貸業という大家さんの仕事とは、


泥臭い作業で、決して派手ではありません。


 

このような仕事は、面白味がないといわれますが、


自分で働いて稼いだものしか本当の利益ではありませんので、


投機でいくら利益を上げても、


それは浮利であって身に付きません。

 


勝ち組大家さんは、先見性があったのでもなんでもなく、


時勢に流されるような投機をしなかったということでしょう。


 

投機というのは、マルチゲームと言われるように、


基本的に他の者の犠牲の上で成り立つ投機的利益を得ることです。


 

みんなが勝つことはありえないんですね。

 

なので、もし投機的な利益を得たとしても、


それは、世の中に対して、


新たに価値を作り出したことにはなりませんので、


身に付かず、注意する必要があります。

 


本当の経済的価値は、人間や社会にとって、


プラスになるような価値であって、投機的活動によって、


増加するわけではないということを心得る、

 

 


これが大事ですね。

 


大家さんの使命は、柔軟な発想で事業活動を行い、

 

新たな価値を生み出し、社会の進歩発展に貢献するものです。


 


そのような活動の成果として得られる利益を、

 

本当の事業活動によって得た利益ということで、

 

大家さんが、追求するべき真の活動と考えます。


 


投機的利益の追及は、射幸心をあおるような、

 

ゲーム的性格を強く含むためか、

 

不幸にして、多くの人をひきつけるのですよね。

 


何ら創造的な活動でない投機が、たちまちのうちに、


人を夢中にさせる魔力を持つのが怖いところです。


 


しかしその魔力に負けて、家族を不幸にさせることがないよう、


大家は、あくまで自分の原理原則を堅持し、何が正しいのか、


大家の役割とは何かというところを踏まえて、


慎重に経営をしていくことだと考えます。




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク