サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資のリスク | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資のリスク

不動産投資のリスクあれこれ



自分で不動産投資を始めてみようとする場合、


たいていの人は、まずインターネットのサイトや、


書店で買ってきた不動産投資関係の本を読み、


見よう見まねで、ワンルームマンション投資から、


始めるケースが多いと思います。



しかしこの場合、個別の物件に手を出した場合は、


かなりの確率で、儲けられません。

 

その理由は簡単です。


 

マンション市場は、ある意味経験の市場です。


そこには、ずっとマンション投資をしてきて、


なおかつ生き残ってきた人たちが多くいる場所です。

 


そこに知識もスキルも劣る素人が、


突然入っていったらどうなるでしょうか。


 

全く同じ土俵上に参戦するわけですので、


プロ同士の格闘技のリング内に素人が、


突然入っていくようなものであって危険なのです。


 

しかしなぜ参戦してしまうのかといえば、


世の中に出回っている多くの情報が、


明日から儲かる不動産投資、


成功する不動産投資といったような、


比較的安易にお金儲けできるかのように提案し、


読み手や、受け手の心を安心させるからです。


 

しかしここでちょっと考えたらわかりますが、


プロの外科医や歯科医になるには、10年以上の教育訓練と、


様々な施術経験などが必要です。

 

3日で外科医になれるという情報を目にしたからといっても、


すぐに治療ができるとは思わないと思います。

 

不動産投資もこれと同じことです。

 

ワンルームマンションや、中古一戸建てアパート経営で、


収益を上げるには、プロであっても一人前になるためには、


軽く5〜10年の勉強機関と実地経験が必要となります。

 

しかし不動産投資で、なぜ安易にそうした本や、


サイトを信じてしまうのでしょうか。


 

例えば、住宅ローンは、銀行や政府、住宅メーカーが、


それを組む人を必要とするからあおるのですが、

 

不動産投資も、事業であって、簡単に儲かる人ばかりだと、


不動産関連業者が成功できないからなのです。

 

したがって安易に儲かるといったサイトや本が、


多く出回っている背景には、


すぐに儲けたいという個人の弱い心を利用して、


それをあおることで儲けようとしている構造があるわけです。


 

いずれにしろ、そんなに簡単に儲かるのだったら、


インターネットのサイトや、たかが1000円とか2000円の本で、


そのノウハウを教えてくれるはずがないという考え方が普通です。


 

つまり多くの一般の個人にとって、プロ並みの知識と、


スキルを持っているという自信がない限り、


安易に飛びつかず、まだ、多少手数料が高くても、


それだったら、投資信託から入っていく方が、


現実的なわけです。




それだけ不動産投資であっても、


安易には儲けられないということを


肝に命じておく必要があります。






不動産投資のリスク

なぜ経済的自由になるのは難しい(厳しい)のか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1391
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク